夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハメになる。するとガン!普段慣れ親しんでいる部屋であったとしても、足の指をぶつけることに。

でも、この光るソープディスペンサー「illumiiSoap」があれば、夜のトイレ問題を解決できるかも。

コレひとつで洗面所が
お洒落な雰囲気に

この「illumiSoap」は、ハンドソープ用のディスペンサーとセンサー付きのフットライトを掛け合わせたようなもの。利便性もさることながら、光を楽しむ仕掛けもふんだんにされている。

ライトの色は、全部で8色。好きな色を1色づかいにするか、毎日、色を変えるのかは自分次第。個人的にはロンドンのブティックホテルを連想させる紫がオススメだ。あるいは、自動カラーローテーションも設定することもできる。

人が通るとセンサーが自動的にオン

人の動きを感知して内蔵センサーが反応。一瞬でパッと明るくなる。これなら、トイレに駆け込むといった緊急事態でも安心だ。

明るいところでは発光しない省エネ設計

スマートなのは、明るいところでは発光をしないこと。つまり、無駄な電力を使う心配はない。この省エネルギー設計は、嬉しい限り。

明るさを3段階で調光できる

明るさの調整ができるのもポイント。様々な洗面所に合わせることができる。操作方法は、ライトの色を選ぶのと同様、ボタンをクリックするだけ。

Kickstarterでの
 締め切り迫る!

「illumiSoap」は、現在、「Kickstarter」でクラウドファウンディング中。すでに目標金額の7倍もの資金調達に成功している。販売価格は、15ドル(1,670円)。

ちなみに「Kickstarter」での締め切りは、7月15日。時間もないので、欲しい人は急ごう。

Licensed material used with permission by illumiSoap