DIAチェヨン、新ドラマ「再会した世界」スチールカットを公開…可愛らしい制服姿&落書きに“視線集中”

写真拡大

SBS新水木ドラマスペシャル「再会した世界」(脚本:イ・ヒミョン、演出:ペク・スチャン) に出演しているDIAのチェヨンが、教室でノートに子犬を描いている姿がキャッチされた。

「怪しいパートナー」の後番組として19日から韓国で放送される「再会した世界」は、19歳の青年ヘソンと31歳の女性ジョンウォンの、13歳離れた幼馴染男女のファンタジーラブストーリーを描く。「匂いを見る少女」「美人コンシム」以来、3度目のタッグを組んだイ・ヒミョン脚本家とペク・スチャン監督の作品としても、話題を巻き起こしている。

チェヨンは主人公チョン・ジョンウォンの子役を演じる。チョン・ジョンウォンはもともと限りなく明るく、社交的なおてんば少女だが、自身のいたずらのせいで大きな事故が起きたことをきっかけに性格が変わる。

最近、泰安(テアン) のある学校で行われた撮影では、ジョンウォン役のチェヨンが教科書に鉛筆で何かを一生懸命に描いている姿がキャッチされた。ジョンウォンの趣味が絵を描くことだという設定により、彼女は本の余白にワンちゃんを描いていたのである。

ここには簡単なスケッチを始め、ワンちゃんの歩く姿や座っている姿、ハートの形をした顔も写っている。何よりも鉛筆を持っているチェヨンは、真剣な表情でありながらもある瞬間晴れやかな笑顔を浮かべながら、撮影現場の雰囲気を明るくした。

関係者は「チョン・へヨンさんが本に落書きをするシーンは、展開上必ず必要な部分だ。彼女の落書きが今後どのようなエピソードを展開させるかは、本放送を通じて見てください」と紹介した。

このように、チョヨンは「再会した世界」の子役チョン・ジョンウォンになって、ヨ・ジング、イ・ヨニ、アン・ジェヒョンなどと共に、初々しく清涼感あふれる演技を披露しながら、2017年夏のお茶の間を盛り上げる予定だ。現在放送中の「怪しいパートナー」の後番組として19日から毎週水曜、木曜の夜10時に韓国で放送される。