6日、韓国メディアは、日本植民地時代に強制徴用され、犠牲となった朝鮮半島出身者の遺骨を集めて納骨堂に安置し、韓国にいる遺族を探す活動をする日本人について報じた。資料写真。

写真拡大

2017年7月6日、韓国・聯合ニュースTVは、日本植民地時代に強制徴用され、犠牲となった朝鮮半島出身者の遺骨を集めて納骨堂に安置し、韓国にいる遺族を探す活動をする日本人について報じた。

報道によると、日本植民地時代、約600の炭鉱で多くの朝鮮人が過酷な労働を強いられ、死亡した。福岡県にはそのような朝鮮人の遺骨を安置する納骨堂「ムクゲ堂」がある。ムクゲ堂は在日コリアンのペ・レソンさんによって設立され、ペさんが亡くなった後はペさんの意志を継ぐ数名の日本人が運営しているという。彼らは歴史を隠そうとする日本政府を厳しく批判し、「歴史を正すべきだ」と主張している。

ムクゲ堂の理事長ら日本人3人は最近、遺骨の遺族を探すため韓国を訪れた。一部の遺骨に関しては親戚との面会が実現し、近いうちに送還の日程を協議することが決まったという。

理事長は「これまで多くの遺骨を発掘してきた。遺骨をしっかりと管理し、韓国に帰国させることが目標だ」と話した。また、ムクゲ堂は昨年から右翼団体の攻撃対象となっているが、今後も活動を続けていくとの考えも明らかにした。

ムクゲ堂の活動について、韓国のネットユーザーからは「大韓民国の国民として深く感謝する」「日本人のほとんどが歴史を歪曲(わいきょく)していると思っていた。正しいことを言う日本人を見ると本当にありがたいと感じる」「とても立派な人たちだ」「グローバルなマインドを持った人。朴槿恵(パク・クネ前大統領)よりはるかに素晴らしい」「韓国人でもしないことを日本人がしてくれている」など称賛や感謝の声が多く寄せられている。

また、「日本人よ。これが本当の愛国だ」と主張する声や、「日本人には素晴らしい人が多いのに、なぜ政治家はああなの?」と疑問を示す声、「日本で彼らのような良心を見せることは、韓国や他の先進国でするより100倍大変だろう」と心配する声もみられた。

そのほか「当然のことなのにありがたいと感じてしまう」「なぜ感謝の気持ちが湧いてくるのか?本当は謝罪するべきなのに」と複雑な心境を述べるユーザーも。

中には「何をするにしても慰安婦が中心の韓国が嫌だ。日本植民時代に犠牲になったのは慰安婦だけではないのに」「日本も悪いけど、いつまでも感情的に対応する韓国も良くない」など韓国の問題点を指摘する声や、「それよりも安倍首相を変える努力をしてほしい」「日本に対する恨みの感情は消えないけど、日本は学ぶところも多い国だよ」などと主張する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)