イブラヒモビッチはかつてユーベでプレーしていた

写真拡大

セリエAの夏の巨大な“爆弾”となるかもしれない。
7月6日、イタリアの複数メディアがズラタン・イブラヒモビッチと彼の代理人のミノ・ライオラがトリノに出向いていた事を報じた。

【関連記事:イブラ アトレの獲得リストに】

マンチェスター・ユナイテッドと契約を更新しなかったこのベテラーノは現在、フリーとなっている。イブラヒモビッチが2004年から2006年の間に所属し、2つのスクデットを獲得した。

※・・・ユベントスに復帰するかもしれないという噂は瞬く間に拡散された。

※・・・後に八百長スキャンダルによってタイトルは剥奪され、ユベントスはセリエBに降格し、イブラはインテル・ミラノに移籍する事となった。

彼の退団は後味の悪さを残したが、トリノで偉大な功績を残したイブラヒモビッチの帰還の噂は“ビアンコネロ”のサポーター達にパウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアイン、そしてズラタンの3人による強力なトリデンテ形成の夢を見させている。

現在、膝の重傷からの回復を目指してリハビリを続けている35歳(10月に36歳の誕生日を迎える)のスウェーデン人ストライカーについて、代理人のミノ・ライオラは既に数週間前に多くのクラブが関心を寄せている事を認めている。
最近ではアトレティコからの関心や来年1月のマンチェスター・ユナイテッド復帰の噂も浮上していた。