社内に転がるゲス不倫。“社内恋愛なら安心”なんていうのはもはや過去の話。

少し掘り下げれば、芸能人さながらのエキセントリックな不倫劇がわんさか出てくるんです。



出典:https://www.shutterstock.com

今回は独身寮スペックを笠に着た、既婚男が落ちた地獄をご紹介しましょう。

 

■独身寮のワナ編

独身29歳のA子の職場に、大阪の子会社から33歳のa男が出向してきました。A子のアパートの近くの独身寮に住んでいたa男。

年齢も近く、家も近かった2人はすぐに意気投合。配属されて2ヶ月後にはA子のアプローチで付き合うことになりました。

A子はもちろん結婚する気満々。圧力をかけつつ、付き合うこと2年。やっとプロポーズまでこぎつけました。

しかし……それから1週間経っても、2週間経っても、話が全く進まない……。

式の日取りも、親への挨拶も、指輪選びも、のらりくらり交わすa男。

流石に不信感を抱いたA子は携帯を盗み見ることに……。

すると、なんとそこには嫁と2人の女の子の写真が……! そう、a男は現役バリバリの既婚者だったんです!

A子の頭は真っ白。確かに、怪しいことはありました。

「実家に帰る」と言いながら毎週のように大阪に行っていたこと。婚約したのに、職場には未だ秘密にしていること。大阪に行くと連絡が取れなくなること。頑なに写真やSNSを拒否していたこと。「東京には友達が一人もいない……」と友達に全く紹介してくれなかったこと。

そう、おかしいと思うことはいっぱいあったんです。でも、浮気を疑えども、結婚しているとは微塵も思わなかったんです。だって、カレが“独身寮”に入っていたから!

独身は独身寮、既婚者は社宅、ときちんと分けられているA子の親会社と違い、子会社のすみ分けはルーズ。単身の人は既婚でも空きのある独身寮に入れられることが、ままあったというのは後々分かったこと。a男は独身寮スペックを使って女に手を出す、とんでも男だったんです。

しかし、そんなクズ男でも29歳から2年付き合って31歳になったA子は捨てることを決断することができませんでした。

「今この人と別れたら、またしばらく独身生活が続く……。周りに婚約したことは報告済み、上司には退職の時期まで伝えて引継ぎの準備もしている……そんな状況で引き下がれない!」

「プロポーズしたんだから結婚してよ!奥さんと別れて!」「私の人生を返して!結婚しないと一生許さない!」泣きながら結婚を迫ってくるA子にややドン引きのa男。

「い、いや……プロポーズしたって訳じゃなくて圧力がすごくて言わされただけ……」と言い逃れしようと考えていたa男も、もはやそんなことは言えない……。

しばらく沈黙したa男は覚悟を決めたかのように口を開きました。

「わかった。きちんとする。結婚しよう…………10年後に……。」

10、10年後……? は? もはやその時、40代じゃん!

この言葉で完全に目が覚めたA子。こんな男、モウイラナイ。ここから“A子の逆襲”が始まったのでした。

 

■A子の逆襲

大切な20代最後の時間を奪われ、あっけなく30代に突入してしまったA子。そりゃ黙っていられません!

まずは慰謝料! 子会社のカレより自分の方が給料高いけど、そこはしっかり頂かないと……と、50万円とりました。

手紙で今まであったことをすべて手紙にしたためて、嫁が住んでいる大阪の自宅を調べ上げ、そこまで出向き、ポストに投函。自分の中の傑作は“私には子供は男の子が欲しい!と言っていました。”というフレーズ。2人子供がいながら女の子しか産めなかった嫁はさぞ心を乱されるでしょう。

極めつけにa男の両親に電話。不倫の詳細を話したあと、嫁に手紙を渡したことを話しました。

すると謝るどころか「何も悪くない嫁をなぜ傷つけるんだ?人の家庭を壊すな!」と逆ギレされる羽目に。そのことに怒りが増したA子は、「a男のクズっぷりはおまえら譲りだ」と散々罵り、a男母を泣かせることに成功。

最後に職場に暴露。始めは騙された自分が恥ずかしくて隠す道を選ぼうとしたA子でしたが、a男を陥れるためなら自分が汚れることも厭わないと赤裸々に上司や人事に語りました。

結果、a男嫁は娘2人を連れて離婚。そこでもガッポリ慰謝料と養育費を支払ったそうです。会社は子会社に帰任。降格処分にはならなかったものの、任期途中で異動したため×がついたのは確実。1度の×で出世できなくなる会社なので、このまま定年まで今の役職でいることはほぼ決定のよう……。

慰謝料でお金もなくなり、実家に戻り両親と細々暮らしているa男。現在38歳、バツ1、両親にパラサイト中、浮気癖あり、金ナシ、出世ナシ。この条件で再婚してくれる人、募集中です!

 

■既婚者に引っかからないで

不倫したa男が地獄を見たのは当たり前としてもA子もかなりツライ思いをしているのが切ないところ。逆襲が成功したとはいえ、貴重な20代を無駄にして結婚を逃したツラさは皆さんも想像できると思います。

今回のケース、もちろん独身のフリをしていたa男が悪いのですが、A子も引っかからないように注意するべきだったのでは……と思います。(注意していればこんなに傷つくことはなかったので……。)

早めに上司に相談していれば彼が既婚ということは分かったはず。婚約前に相手の両親に挨拶に行こうと試みたり、怪しいことがあるなら都度確認すればもっと早く気が付いたことでしょう。

独身寮ということにあぐらをかいて、怪しいことを見て見ぬフリしていたんですよね。波風をたてて破局になりたくないですもんね。お気持ちは分かりますが、目をつむって付き合いを続けても先にあるのは別れなんです。次は目を見開いて付き合っても一緒に居られる人を探しましょう。そして幸せな結婚ができることを心より願っています。

【画像】

※ Photographee.eu/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【社内No.1モテ女の本性が旦那にバレた後…編】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ 不倫男が「やっぱコイツしかいない」と思う愛人の特徴

※ 不倫に終止符。好きになってはいけない男性を好きになった時の対処法

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【真面目OLが上司を好きになった代償編】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【モテ男に訪れた修羅場編】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【被害者の会結成編】