マキシミリアン・ミッテルシュテート(20)が、ヘルタ・ベルリンとの契約を延長したことが発表された。2012年に加入し、2015年にプロ契約を結んだ同選手は、2016年にブンデスリーガデビューを果たしており、昨季は左サイドバックとしてリーグ戦12試合に出場。kicker採点平均4.3をマークしている。

マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は「彼の成長にとても満足しているし、これからもおおいに楽しませてくれることだろう」と評価。「うちの自前の選手で、プロへの扉をあけることができた。まさにうちが掲げる哲学の模範的存在だよ。」と言葉を続けた。

なお契約期間については、今回はとくに明かされてはいない。