ロードバイクのメンテナンスの基礎知識を伝授するコーナー。今回は、「ホイールの振れの調整」のやり方についてレクチャーしていきます。ここでは、ブレーキシューとリムのクリアランスで振れ(歪み)をチェック。スポークの張りを調整します。

 

【使用する工具】

スポークレンチ

 

【振れをチェックする】

ホイールの点検は専用の振れ取り台がない場合、車体を逆さにしてホイールの回転をフリーにして行うとよい。

 

振れを直すためにスポークの張り具合を調整するには、そのスポークの本来の形状を知っておく必要がある。ホイール組みは何タイプかの組み方があるが、ここではもっともシンプルなラジアル組みを例に説明しよう。

 

ラジアル組みのスポークは、ホイールの中心部にある左右のフランジから放射状に伸びている。フランジは左右対象で、左右から出たスポークはリムに1コマずつずれて隣り合った格好で配置される。

 

1.ブレーキとホイールとのクリアランスを見て、振れをチェックする。

 

 

【振れているポイントを特定する】

ゆっくりホイールを回転させながら、リム面とブレーキシュー面の間隔が平行になっているかをチェック。平行ではない箇所があったら、その位置から伸びるスポークとその隣りのスポーク、反対側の近い位置から伸びるスポークの調整をする。

 

振れは対交する2本のスポークのどちらかが張りすぎているために、もう一方が弛んでしまって起きる現象だ。

 

2.振れている箇所がわかったら、そのポイントの両脇のスポーク2本、計4本のスポークを調節して振れを取る。

 

 

【調整する】

張りが強くなっているのであればスポークの根元にあるニップルをスポークレンチで左に回して張りを緩め、隣の1本を飛ばしたスポークの張りを同じ要領で緩める。続けて、最初に張りを緩めた隣のスポークのニップルを右に回して張りを強くし、1本飛ばしたスポークの張りを同じ要領で強くする。

 

3.スポークレンチでスポークの根元のニップルを回し、曲がっているほうを緩める。写真の場合、,鉢を緩める。

 

 

4.曲がっているほうを緩めたら、その反対側、2番と4番を引っ張る。それぞれ4分の1回転ずつ緩める、締めるを繰り返し、振れを解消する。

 

 

【こちらもチェック】

スポークレンチにはサイズがあるので注意!

ニップルは、メーカーの規格によりサイズが異なる。スポークレンチ(ニップル回しともいう)も、それに伴い各サイズがあり、わかりやすく色分けされている。3.2ミリ用(ブラック)、3.3ミリ用(グリーン)、3.4ミリ用(レッド)で、このほかに特殊サイズの3.9ミリ用(ブルー)もある。

↑スポークレンチはサイズによって色が違う。自分のバイクに使っているニップルのサイズを確認してから購入しよう

 

本格的にホイールの振れを取るなら振れ取り台が必要

大幅に左右に振れたり上下に振れたりしたホイールを修正するには、振れ取り台という専用工具が必要。ホイールをセットし、アーム状のゲージをリムに取り付けることで、どこがどの程度歪んでいるのかを確認することができる。この歪みを見ながら、スポークレンチを使ってホイールの振れを取っていく。

↑振れ取り台にホイールをセットしたところ。ゲージで歪みを確認しながら、少しずつ修正していく