Amazonでエンジニアとして働くマイク・ロバートさんは、2017年5月30日にライブストリーミング配信プラットフォームの「Twitch」上に自身のチャンネルを開設しました。このチャンネルでは5万ドル(約566万円)分の株式ポートフォリオを視聴者の投票でどのように運用するか決めるという驚くべき試みが行われています。

Amazon engineer will let strangers manage his portfolio 'forever'

http://www.cnbc.com/2017/07/06/amazon-engineer-will-let-strangers-manage-his-portfolio-forever.html



Twitchといえば、視聴者のチャットを基にポケモンをプレイしたりダークソウルをプレイしたりと、視聴者参加型のチェンネルが何かと話題になっていました。そんな中、Amazonのエンジニアであるロバートさんは、自身が運用していた5万ドル分の株式ポートフォリオを、視聴者が自由に売買できるTwitchチャンネルを開設しました。チャンネル名は「StockStream」です。

StockStream - Twitch



StockStreamを開設したロバートさんは、自身のチャンネルを「世界初の協同マルチプレイ株式市場ゲーム」と称しています。StockStreamの仕組みとしては、視聴者は5分ごとに取引に関する投票が可能となっており、この投票結果に基づきロバートさんが開発したソフトウェアが株式売買アプリの「Robinhood」で取引を行うようになっています。

記事作成次点での株式ポートフォリオの以下のページから見ることが可能。スタート時は5万ドル分の株式を保有していたわけですが、38日の運用で総資産はわずかに減少して4万9922.84ドル(約565万円)となっており、その内訳として、無償株が500ドル分、現金が3330.09ドル(約38万円)などの情報も記されています。

Stock Stream - Portfolio



StockStreamを運営するロバートさんはCNBCのビジネスニュース番組である「Power lunch」の中で、「私はそれほど愚かではないよ。これは単に実験の一種だ。これまで誰もこういった取り組みを行っていないことがわかったので、これを行う最初の人になりたいと思ったんです。私はStockStreamを永遠に残し、今後も機能を追加していく予定です」と語っています。

なお、StockStreamのページビュー数は60万を超えている模様。また、Robinhoodのコミュニケーション責任者であるジャック・ランダル氏は、「StockStreamはRobinhoodの手数料無料のおかげで大部分が可能になっているように思います。Robinhoodのユーザーがこのようなクリエイティブな使い方をしていることはとても嬉しく思います」とCNBCに語っています。