「女性の気持ちがわからない」という男性諸氏、「どうしてわかってくれないの」と憤慨されている女性の方、必読です。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、女性特有の体調変化をなぜ男性は理解できないのか、という目からウロコの論を展開しています。もちろん「相互理解を深める方法」も紹介していますから、男性も女性も熟読すべし、ですよ。

気分か性格か、いやそれとも

さて、本日は女性の気分のお話。

梅雨ですね〜。実はオットが雨が降ったり低気圧が近づいてくると、体調が悪くなるんです。彼自身は気がつかなかったようなんですが近々で観察していると、どー考えても気候が関係あるんですね。雨の朝なんて辛そうなんだもん。

こういう体調のアップダウンは、身体だけじゃなく気分にまで影響を与えるモノです。体調が悪いときに上機嫌の人なんていないもんね。

こういうことが女性には体験的に解りますよね。女性ホルモンの増減で激しく体調は変化し、それに伴って気分もアップダウンしますもんね。

女性ホルモンの影響をたとえて言うと

生理でないとき→平地をフツーに歩いているイメージ生理のとき→20階建のビルの上を歩いているイメージ

だそうです。いやいやいや。20階建てのビルの上って歩くどころか立てない…(((@@;))) と思うんですけど。まあ、キツいときはたしかにこんな感じですけどねえ。

翻って男性には、体調の変化がほとんどないらしい!! んです。男性が、少年のころ性的に成熟してから老齢期に至るまでホルモンの影響をほとんど受けることなく、一定した体調を維持できるそうです。

これを聞いたとき、「ずるいよ、テストステロン……(`3´)」と思いましたね。女性はホルモン変化の激変を経験し、むしろ一定した体調を保てることの方がマレです。それなのに、男性はずっと安定している?どーゆうことさ。それってほとんど不公平だとさえ思いました。

ただ、最近は男性の更年期の存在も認識されるようになり、男性も女性ほどではないけど、ホルモンの増減の影響を受けていることが解ってきました。ま、そーはいっても女性よりはだいぶマシなようですけど。

…でね。ここでふと気がついたんですよ。人間誰しも自分の経験からモノを言いがちです。特に身体感覚とか体調とか、あまりにも自分と一体すぎて切り離して考えにくいモノは、他の人も自分と一緒だと考えがちなはずです。ということは…つまり、男性は女性の体調の変化にドンカンだということです。少なくともその可能性が高いはずです。だって自分の体調は安定しているんだから、体調が不安定な状態を想像するのって難しいですからね。雨が降っても全然ヘーキな私がオットの不調が解りにくいように。

しかも、コトはそれにとどまりません。不安定な体調が想像にしくいということは、気分の波についてもまた想像が出来にくいはずです。気分や感情はかなり体調の影響を受けるのに、それが想像できないし理解できないということです。

男性がよく「オンナの気持ちは分からない」と言いますが、それって正確には「体調に振り回されている程度が解らない」ってことなんじゃないかと思うんです。当の女性だって自分の体調の波が掴みにくく、体調に振り回されているもんね。

とすると、まずやることは、「男性にこの回を読ませる」ことですよ( ̄∇ ̄)。いや、冗談じゃなく。知らないから理解出来ないんです、当たり前だけど。まずは知らなきゃ話にならないんです。そして、知らせたあとにも繰り返し訴えることです。

今日はすごくイライラする身体がだるくてヤル気が出ないムショーに甘い物が食べたいボンヤリしちゃう昨日よりスッキリしている

…安定していることがない上に、相手は想像力が欠けているんですから、そりゃ情報は多いに越したことはないんですよ。

オンナ心と秋の空じゃなくて、オンナホルモンと秋の空。こっちが正しいってことをアピールしてこそ、男性に理解してもらえるのかもしれません。

image by: Shutterstock.com

 

『システマティックな「ま、いっか」家事術』

この著者の記事一覧/メルマガはこちら

食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。

出典元:まぐまぐニュース!