2017年上半期DAMカラオケリクエストランキング(総合)
調査期間 2017年1月1日〜2017年6月30日
株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ

 通信カラオケ大手の第一興商は、このほど通信カラオケDAMにおける2017年上半期のカラオケリクエストランキング調査を実施。1位は、星野源の「恋」となった。2位にRADWIMPSの「前前前世 (movie ver.)」、3位に中島みゆきの「糸」がランクインした。また、アーティスト部門ではRADWIMPSが今ランキング初の首位を獲得した。

 当ランキングは、業務用通信カラオケ「DAM」の歌唱度数を集計して算出された。

 今上半期の1位は、星野源の「恋」。昨年10月から12月にかけて放送されたTBS系テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として人気を集め、共演者たちが曲に合わせて踊る“恋ダンス”も大ブレイク。

 海外からも注目を集め、ケネディ駐日米大使(当時)までもがダンス動画を投稿するなど、社会現象となった。通信カラオケDAMでは、2016年11月27日付の週間ランキング以降31週連続で1位を獲得し、現在も記録を更新している。

 2位は、RADWIMPSの「前前前世 (movie ver.)」。昨年8月に公開された映画『君の名は。』の主題歌に起用され、映画とともに大ヒットを記録。また、劇中歌の「なんでもないや (movie ver.)」も20位にランクイン。

 3位は、中島みゆきの「糸」。前年度の著作権使用料分配額が多い楽曲に対して与えられる「2017年JASRAC賞」では金賞を受賞。2015年と2016年のDAM年間カラオケリクエストランキングでもトップ3に入っており、ここ近年のカラオケの定番曲として親しまれているようだ。

 アーティストランキング部門においては、RADWIMPSが初の首位を獲得。2位は総合ランキングで最多の4曲がランクインしたback number、3位は圏外から大幅にランクアップした星野源と、映画やドラマによる影響力の高さが目立った。