窪田正孝と永野芽郁(画像は『【火9ドラマ『僕たちがやりました』公式】 2017年7月4日付Instagram「明日夜9時から放送の「ホンマでっか!?TVスペシャル」に窪田正孝&永野芽郁が参戦」』のスクリーンショット)

写真拡大

関西テレビ・フジテレビ系の火9ドラマ『僕たちがやりました』(7月18日スタート)から窪田正孝と永野芽郁が7月5日放送のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV 豪華新ドラマ俳優、女優陣禁断モテテク披露スペシャル』にゲスト出演した。その2人が企画の1つ“夏に使える男性を落とす女性のモテ仕草ランキング TOP5”でモテ仕草を実践してみることになった。

印象評論家・重太みゆき先生が“モテ仕草ランキング”5位に挙げた「彼と待ち合わせ場所で会う時は“フェイントハグ”でモテる」には一同大ウケで、先生の指名により山下智久と戸田恵梨香が演じた。戸田が「待った〜」と両手を広げて今にもハグしそうに駆け寄りながら寸前で止まり両手を前で組み彼の顔を見て微笑む“フェイントハグ”を実践すると、山下は「え? なんでなんで?」とリアクションして「消化不良な感じ」と感想を述べる。

次に4位として紹介されたのが「ペットボトルの飲み物を飲む時には“ソフト見得きりキス飲み”でモテる」である。先生は「女性は好きな人の前でペットボトルの飲み方を気にしてうつむきがちに飲む人が多い。それを思い切って見せてほしい」と説く。ストローで飲むときは自然とキス顔になり“ニアチューポーズ”は男子ウケNO.1の自撮りポーズで、それをペットボトルでバージョンアップさせたものという。

まず目をつぶりながらペットボトルの飲み物を飲む。それからまるで歌舞伎の見得をきるようにキス顔をしながら相手を見るというモテ仕草だ。先生がお手本を見せると周囲から「これは無理」「怖い怖い!」とドン引きされるが、さんまは「女優陣がやれば大丈夫」と期待を寄せる。居並ぶ女優陣から指名されて永野芽郁は「絶対やりたくないと思っていたのに!」と肩を落とす。

ベンチに窪田と永野が並んで座り、窪田から「喉が渇いたね」とペットボトルから飲む演技をすると永野も「渇いたね」と続く。ところが笑いがこらえきれず鼻を鳴らしてしまい「ブタっ鼻やったらあかんねん! もっとチュー顔して飲まな!」とさんまに突っ込まれた。さらに「チューしたことあるやろ?」と問われて永野は咄嗟に「あ、そうですね…」と窪田の顔をのぞいたのだ。

「お前したんか?」とさんまが窪田に確認すると永野は慌てて「違う違う」と否定するが、それには耳を貸さないさんまから「お前何してんねん普段」と詰め寄られた窪田は「してないしてない、してないです!」と焦って否定した。やがて「あ、役でね、撮影でお芝居ですよ」と言う永野に「何いきなりぶっこんでんだよ!」と注意するのだった。

ドラマ『僕たちがやりました』では窪田正孝が演じる主人公の高校生・増渕トビオが仲間たちと死傷者が出る大爆破を起こしてしまい「爆破事件の容疑者」として追われる姿を中心に描く。永野芽郁はそのトビオの幼なじみ・蒼川蓮子役を演じる。今回の『ホンマでっか!?TV』のやりとりからすると2人のキスシーンが見られるかもしれない。

画像は『【火9ドラマ『僕たちがやりました』公式】 2017年7月4日付Instagram「明日夜9時から放送の「ホンマでっか!?TVスペシャル」に窪田正孝&永野芽郁が参戦」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)