あがた森魚&はちみつぱい、奇跡のアルバムのリリースを記念した一夜限りの歴史的ライブが実現

写真拡大

 4月にアルバム『べいびぃろん(BABY-LON)』をリリースをした、あがた森魚&はちみつぱいが、7月1日メルパルクホール(東京)にて、一夜限りのライブを開催した。

 2015年末に再結成を果たしたはちみつぱいと、今年デビュー45周年を迎えたあがた森魚。ご存知の音楽ファンも多いと思うが、45年前のデビュー当時、あがたと共に音楽を作り、演奏していたのがはちみつぱいだった。そして2017年の今日、この2アーティストの共演を、誰が予想していただろうか? 望む人は多くとも、その可能性は未知数であったに違いない。何故なら、はちみつぱいはその後、5人のメンバーを中心にムーンライダーズに発展。数々の名盤を世に残し、あらゆる音楽ファンを魅了するバンドとなり、一方のあがたはソロ・アーティストとして、独自の世界観を突きつめ続けていった。音楽というフィールドの中で別々の道を歩んだ両者が、奇跡的な邂逅を果たしたのである。

 ライブはアルバム収録曲の「もおたりぜいしょん」で幕を開けた。あがたをセンターに、はちみつぱいのメンバー9名が並ぶ様は貫禄十分。この奇跡的な光景に目を奪われていると、矢継ぎ早に「春一番に行かなくちゃ」へ(ここでいう「春一番」とはもちろん、1971年から大阪の野外音楽堂で続く、音楽フェスの風物詩イベント)。そしてあがたの「今日は7月1日、待ちに待ったといいますか……。では、この辺でこの夏をうらなう一曲を」というひと言から、「この夏リバティー」「森から生まれた獣たちは」で、会場を一気に染め上げていく。

 ここでステージは、はちみつぱいのメンバーに託された。鈴木慶一のひと声で空気は一変し、「こうもりが飛ぶ頃」では、武川雅寛のヴァイオリン・ソロをフィーチャーしたメランコリックな音像で聴かせる。彼らの代表曲といっても過言ではない「塀の上で」では、ザ・バンドやグレイトフル・デッドにも通じる、心地よい一体感がたまらない。渡辺勝の切ないヴォーカルで紡ぐ名バラード「ぼくの倖せ」まで、深く染み入る中盤の流れでは、バンドの包容力を改めて見せつけてくれた。

 ここで再びあがたが登場し、「今を聴いてほしい。それだけなんです。たった今を、今そこにいるあなたに。かっこつけだね。あなたにありがとう」とひと声。ピアノの弾き語りに哀愁を帯びた歌詞が乗る「月光オートバイ」「冬のサナトリウム」では、近年の曲も往年の曲も同列に聴かせることができる、あがたの“今”を克明に描き出す力量を存分に感じさせられる。再び今回のアルバムの楽曲へと戻った「港の純情」では、歪んだギターが美しいレイヤードを描き、あがたと鈴木による終盤のコーラスの掛け合いは、彼らにしか分からない言語で会話を楽しんでいるかのようだ。あがたはMCで「はちみつぱいとは45年の付き合い」としたうえで、“素晴らしい楽団”と信頼感を表現。「ひと言ではおさまらんけど寡黙なヤツら」、そして「話を聞いてくれるけど、あんまり返してくれない。音で返してくれるんだけど。ずるいよ!俺は歌うしかないじゃん」と、彼ならではの言葉でメンバーを讃えた。

 オリジナル・ドラマーの故・かしぶち哲郎が作詞・作曲した「リラのホテル」から、息子である橿渕太久磨が歌う「釣り糸」への流れも、世代を超えて継承されていくであろう、彼らの音楽を象徴するかのような一幕だ。メンバー紹介を経て、ライブはいよいよ佳境となり、鈴木とあがたの息の合った掛け合いが印象的な「クリーニングはエイハブ」へ。新アルバムのリード・トラックでもあり、あがた曰く“ニュー・ディランサウンド”を奏でる「アポロンの青銅器」で、本編の幕を閉じた。

 熱が引かない会場の熱烈なアンコールで、はちみつぱいが「煙草路地」を演奏した後、再び登場したあがたは「乙女の儚夢」と、デビュー曲にして大ヒット作「赤色エレジー」を続けて披露。これらの名曲をたった今目の前で、この両アーティストが奏でているという事実に、「なんと贅沢なライブだろう」と、会場にいた誰もが再認識し、噛み締めたに違いない。アルバムのラストを飾る「べいびぃらんどばびろん」では、混沌とした熱で会場を包み、奇跡の一夜はフィナーレを迎えた。