インテル移籍が決定したミラン・シュクリニアル【写真:Getty Images】

写真拡大

 イタリア・セリエAのサンプドリアに所属していたスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルは、インテルへ完全移籍することが決定した。7日に両クラブから発表が行われている。

 インテルとの契約は5年間となることが発表されている。移籍金は明らかにされていないが、報道によれば1500〜2000万ユーロ(約19億5000万〜26億円)の支払いに加え、FWジャンルカ・カプラーリのインテルからサンプドリアへの譲渡が取引に含まれるという。

 数日前にサンプ移籍がすでに発表されていたカプラーリの評価額は1300〜1500万ユーロ(約16億9000万〜19億5000万円)ほどとみられており、インテルは総額40億円前後でシュクリニアルを獲得したことになる。

 現在22歳のセンターバックであるシュクリニアルは、2016年1月に母国のクラブからサンプに加入。2015/16シーズンは3試合の出場にとどまったが、昨季はレギュラーとして35試合に出場した。スロバキア代表にも昨年デビューし、EURO2016も含めて9試合に出場している。

text by 編集部