画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは7月7日、ゲーミングヘッドセット「ROG Centurion (ROG 7.1)」を日本市場向けに発売した。価格はオープン。

左右で計10個のドライバーを搭載。フロント、 センター、 サイド、 リア、 サブウーファーを担当するドライバにより、仮想的ではなくリアルな7.1chサラウンドを実現するという。

同梱のUSBオーディオステーションには、ノイズキャンセル用の専用マイクを備え、手元で音量の調整やマイクのミュートなどを制御できるほか、ステレオから7.1chへの切り替えに対応する。ゲームをプレイしている最中でも各種調節が可能だ。また、FPS / RPG / レースゲームなどといった、ゲームジャンルに最適なオーディオ設定を行ったプリセット再生モードも搭載する。

各所のネオジムマグネットドライバーサイズは、フロント / サブウーファーが40mm、センターが30mm、サイド / リアが20mm。周波数特性は20〜20,000Hz、インピーダンスは32Ω。インタフェースはHDMI、ケーブル長は1.5m、重量は450g。USBオーディオステーションのインタフェースはPCとの接続用にUSB、ヘッドセットとの接続用にHDMIを搭載する。電源はUSBバスパワー。