犬の車椅子は歩くだけじゃない、さまざまな効果があります

犬用車椅子は、愛犬に「いつもの毎日」を取り戻してくれる1つの効果的な方法です。しかも車椅子には、ただ歩く以上の意味があります。

メンタル面、生活の質の向上

外に出たい、飼い主さんの側に行きたい。今までできていた「ちょっとしたこと」ができなくなってしまう。それは犬にとっても辛いことです。車椅子が使えるようになれば、愛犬のメンタルも生活の質も上がります。

低下した筋力・弱くなった感覚のリハビリ

足腰が動かなくなると同時に心配なのが筋力低下。筋力が低下するとますます歩けなくなるという悪循環も起きます。車椅子を使うことで低下した筋力や、弱くなった感覚が回復し、体全体の筋力もアップ、血行改善もはかれます。

体のバランス改善

正しい姿勢で歩くことで、不正だった体のバランスが本来の状態に近づこうとします。バランスが良くなると内臓の活動も向上します。

犬の車椅子はどんな子が使えるの?

愛犬に車椅子が使えるか独自で判断せず、必ず獣医師と相談しましょう。一般的には椎間板ヘルニアや関節の病気、事故による障害などに使用できます。
もちろんシニア犬にも使えます。寝たきりになる前、筋力が低下して歩くことが辛そうになった時点で車椅子の導入を考えてもよいかもしれません。前述のように、車椅子はリハビリ効果があるからです。

犬の車椅子は愛犬の状態に合わせてオーダー

車椅子のほとんどはオーダーかセミオーダー。愛犬の状態に合わせて作ることができます。例えば後ろ足が動く子には、地面に足をつけて歩けるよう高さを調整したり、上半身の弱い子は四輪にすることもできます。可能ならオーダーの前に獣医師と相談して、愛犬にどのような運動が必要か確かめ、目的をはっきり定めたほうがお店側も理解しやすくなると思います。

犬の車椅子選びのポイント

現在、犬用車椅子屋さんは現在数多くあります。どんなことに注意してお店を選べばよいか、下記にまとめました。

よく相談に乗ってくれるか

当然のことですが、飼い主さんの希望をよく聞いて実現しようとする熱意のあるお店がよいです。できれば、試着して改善、という工程をしてもらえるところがよいでしょう。

ある程度の大きさの車輪を使っているか

車輪が小さすぎると、地面の凸凹に左右されたり、溝にはまりやすく不安定。大きめの車輪のほうが安定感があります。

車椅子が軽い素材でできているか

筋力が弱った愛犬にとって負担にならないよう、軽い素材でできているか確認しましょう。

体の安定性をサポートするパーツの選択肢が多いか

歩くときに体が不安定だとかえって体を痛めてしまいます。しっかりと体をサポートしてくれるパーツをつくってもらうようにしてください。

体が擦れるような素材を使っていないか

犬は歩けると夢中になってケガに気が付かないこともあります。車椅子のハーネス部分や足を入れるゴムチューブなどで体が擦れないかよく確認しましょう。

いきなり乗せない。まずは犬を車椅子に慣れさせる。

待ちに待った車椅子が届いたら、一刻も早く愛犬を乗せたいところですが、犬にとって車椅子は未知のもの。出会いが悪ければ、車椅子=怖い物と印象づけられてしまいます。

車椅子をすぐに使いこなせる子もいますが、まず最初は、愛犬に車椅子が怖いものではないことを教えることから始めることが大事です。遠くから確認させる。臭いを嗅がせる。鼻先に触れる。この順番で車椅子の存在に慣れさせてください。その後、大丈夫なようだったら乗せてみます。動かし方がわからない子は固まってしまうので、好きなおもちゃやおやつで誘って1歩ずつ歩かせましょう。この間、1つできるごとによく褒めると効果的です。また、体力がないうちは数分で切り上げるようにして、時間は徐々に長くしていきましょう。車椅子で歩けることがわかれば、犬も楽しく使えるようになるはずです。

まとめ

車椅子を使うことを楽しんでもらえれば、愛犬の生活の質が格段にあがります。それだけ一緒にいられる時間も長くなるでしょう。愛犬の生活をより良くするための1つの選択肢として、車椅子を使ってみてはいかがでしょうか。


(博物館アドバイザー(元自然史博物館学芸員)提供:碇 京子)