SWITCH Vol.35 No.7(2017年8月号)表紙

写真拡大

7月20日発売の「SWITCH」Vol.35 No.7(2017年8月号)では、「ヒロインに恋して」と題した特集が組まれる。
巻頭では、岩井俊二による同名ドラマを、総監督・新房昭之、脚本・大根仁、プロデュース・川村元気、制作・シャフトという最強コラボレーションで新たに映画化した、今夏公開のアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を最速特集。同作のヒロイン・及川なずなの声を担当した広瀬すずのフォトストーリーを26ページの大ボリュームで展開する。

さらに、「ヒロイン」を特集テーマに、同作のキャスト・スタッフ陣への総力取材を敢行。
大根仁×川村元気のスペシャル対談では、日本映画の「ヒロイン論」について熱いトークが繰り広げられ、キャラクターデザインを担当した渡辺明夫のインタビューでは、「及川なずな」のデザインのポイントを「目と表情」「制服」などの細部に分け、実際のイラストを交えて丁寧に解説。総監督を務めた新房昭之のインタビューでは「ヒロインをどう描くか」という視点で演出のポイントが語られる。
また、同作で声優に初挑戦した菅田将暉、声優界のトップランナー・宮野真守の撮り下ろしフォト&インタビュー、岩井俊二のスペシャルロングインタビューも掲載。

第2特集では、新房昭之とのタッグによって、魅力的なヒロインを描き続けてきたアニメーションスタジオ「シャフト」を特集。
『魔法少女まどか☆マギカ』で知られる蒼樹うめ、『<物語>シリーズ』で知られる渡辺明夫と新房昭之との対談をそれぞれ特別収録。「名ヒロイン誕生秘話」を解き明かす。

巻末には乃木坂46西野七瀬の16ページにわたるフォトストーリーを掲載。秋公開の主演映画『あさひなぐ』をフィーチャーし、“今しか見られない”袴姿の彼女をスタジオシューティングで美しく記録している。

そのほか、誌面には芳根京子、成田凌、池田エライザも登場。


>>元記事で写真をもっと見る