隈研吾デザイン監修のホテル「ONE@Tokyo」東京・押上の東京スカイツリー近くにオープン

写真拡大

建築家・隈研吾がデザイン監修を務めたホテル「ONE@Tokyo」が、2017年7月28日(金)にグランドオープンを迎える。

「ONE@Tokyo」の外観やインテリアのデザイン監修は、世界的に著名な建築家・隈研吾によるもの。工業素材と自然素材を大胆に融合することで、大都会・東京にありながら旧き良き下町の赴きも残すこのエリアにふさわしいコントラストを表現している。

客室は、芸術家のアトリエをイメージした「Atelier Suite(56)」や、読書家のためのプライベートな書斎をイメージした「Library Suite(56)」から、東京スカイツリーを望む開放的な「Loft(28)」、ミニマルで機能性を追求した「Studio(14)」、車椅子での利用に配慮した「Universal(28)」まで、バラエティに富んだラインナップとなっている。

同ホテルのサービスコンセプトは、「Installation for Time Travel towards Historic Tokyo」。ホテルそのものがデザインを施した美術展示であるという自負と、旅の拠点・情報基地としての機能を果たしたいという想いが込められているという。

特にデジタル環境へのサービスに力を入れており、滞在中の館外持ち出しが可能なスマートフォン端末「handy」を客室に完備。さらに、お気に入りの写真や動画・ゲーム等、さまざまなコンテンツを自分のモバイル端末から客室のテレビにキャストできるストリーミングデバイス「Chromecast」を用意している。

【施設情報】
ONE@Tokyo
開業日:ソフトオープン 2017年4月1日(土)、グランドオープン 2017年7月28日(金)
所在地:東京都墨田区押上1-19-3
TEL:03-5630-1193
施設:客室 全142室、レストラン1店、フロントカウンター/ロビーラウンジ、身障者用駐車場、駐輪場
※館内無料Wi-Fiあり。
客室:
Studio(14)118室
Loft(28)21室
Library Suite(56)1室
Atelier Suite(56)1室
Universal(28)1室
階数:地上10階
延床面積:3,741.1
敷地面積:728.3


[写真付きで読む]隈研吾デザイン監修のホテル「ONE@Tokyo」東京・押上の東京スカイツリー近くにオープン

外部サイト

  • 漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現
  • 北欧インテリアブランド「ソストレーネ グレーネ」丸井吉祥寺に国内3号店
  • 舞浜シェラトン・ホテル、滝の流れる「リゾートプール」洞窟風バー&初のナイトプールも