『チャームド〜魔女3姉妹〜』よりシャナン・ドハーティ(写真中央)とアリッサ・ミラノ(写真右)

写真拡大

美女3姉妹が善の魔女として、使命を果たすべく戦いを繰り広げる人気ドラマ『チャームド〜魔女3姉妹』。本作に主演していたアリッサ・ミラノが、撮影中に不仲と報じられていた元共演者シャナン・ドハティとの長年の確執に終止符を打ったことを明かしている。米Digital Spyが報じた。

アメリカで1998年から2006年までの8シーズンにわたり放送された本シリーズで、シャナンはシーズン3までプルー・ハリウェルを演じた後に降板。そのシャナンが2015年に乳がんと診断されて以来、アリッサは彼女と再び連絡を取るようになり、近いうちに再会を果たす予定なのだという。

インタビューに応えたアリッサが、「私たちはSNSを通してしょっちゅう連絡を取っているの。2日ほど前にもシャナンと連絡して、日にちは決まってないけど会うことになったの!」と報告。二人が仲直りするに至った過程については、「シャナンの闘病と、私が母親になったことが理由ね。そういったことが人を変えるのよ。彼女が快方に向かっていて嬉しいし、会うのが待ちきれないわ」と語っている。

2015年2月、乳がんを発症後にシャナンは抗がん剤治療を続け、現在は寛解状態とのこと。そして、米CWで進められていた『チャームド』のリメイク版は、放送開始が2018年に延期される見通しだが、リメイク版が放送された暁には、和解したアリッサとシャナンが再共演といった展開も期待できるかもしれない。

アリッサは、米Netflixの美人コンテストをテーマにした新ドラマ『Insatiable(原題)』への出演が決定している。(海外ドラマNAVI)