記事画像

写真拡大

底抜けに明るいトークと、ときに斬新すぎるアイデア料理で世間の話題をさらう料理愛好家・平野レミさん。公式サイト「remy(レミー)」のオンラインストアには、あの「レミパンプラス」のほか、あっと驚くアイデア商品が並んでいます。

そこで記者は、remyのクリエイティブ・ディレクター・和田率さんに話を伺いました。すると、商品開発のエピソードの中に、未発表の新商品情報が飛び出しました。

その未来感たっぷりな"発明"を紹介しない手はありません。企画を急きょ変更し、東京バーゲンマニア読者の皆さんにいち早くお知らせします!

年内にゲットできるか!?「切る」がテーマの3連作

和田さんから聞き出したのは「切る」に関する3つの商品です。

〇食材がくっつかない包丁

野菜などを切る時、刃の側面に食材がペタペタくっつくことがありますよね。そのまま切り続けると、刃についた食材が押し出され、まな板の外に転げ落ちてしまうこともしばしば。このストレスを解消するため、remyは、食材がくっつかない"真っ黒な特殊コーティング"で包丁全体を覆ったのだそう。しかも、切れ味にこだわって、包丁づくりで有名な、岐阜県関市の老舗メーカーをパートナーに選定。さらに、日本有数のプロダクトデザイナー・柴田文江さんに設計をお願いするという、なんとも贅沢な包丁なんです。

開発をはじめて4年。最初は、"航空宇宙技術"を応用して、「切っても切っても切れ味が再生する包丁」を目指していたそうですが、価格高騰が余儀なくされ、あえなく挫折。いずれにしても、商品開発のアプローチの仕方が、普通と違います。

〇一台二役のキッチンバサミ

キッチンバサミは、刃が重なった部分に汚れがたまるので、最近は2つに分解できるタイプが人気です。remyのハサミも分解して洗えるのですが、それだけではありません。なんと片方の刃が、ペティナイフとしても使えるのです。

はさみひとつで、食材の切り分けや皮むきもできるほか、洗い物の手間も減るので、なるべく短時間で調理を済ませたい朝食やお弁当作りに活躍しそう。荷物を最小限にしたいアウトドアシーンにもいいですね。ミニマルな暮らしを目指す人にもぴったりです。

〇もはや"板"じゃないまな板

最後に紹介するアイテムは、日本のキッチン風景を変えてしまうでしょう。キッチンのどこかに必ず立てかけてある、あのまな板が消えるのですから。

和田さんによると「ラップがまな板になったと想像してください」とのこと。そう、包丁で切っても切れない、フィルム状のまな板です。

改めて考えると、まな板は場所をとるし、洗うのも収納するのもひと苦労。ニュータイプのまな板は使い切り仕様で、洗う手間はなく、いつも衛生的です。省スペースで、切ったものをそのまま鍋に運べるのも、うれしいポイントです。

新作3点の価格は未定。2017年内の発売を目指しています。

企画のGOサインは、レミさんのある一言

それにしても、キッチンにドラえもんのポケットができたみたいです。ユニークな商品のアイデアはどのように生まれるのでしょうか。

主に企画を考えているのは、和田さんです。和田さんは、小学校に通う娘さんのために毎日お弁当づくりをしているのですが(インスタグラムはこちら)、このお弁当づくりの時間が、新商品を発想するチャンスタイム。料理と向き合うキッチンこそ、"既存商品の隠れた課題"を見つける最高の舞台なんだとか。元CMプランナーで、いわば相手に興味を持たせるプロでもある彼は、

「『その手があったのか!』と周囲をびっくりさせるようなアイデアしか採用しません。(企画がある程度固まったら)平野に提案して、『それ、いいじゃん!!』とノリノリの返事が返ってきたら、商品化に向けて動き出します」

と、話します。これまでにボツになったアイデアは数知れず。

「1000案考えたとして、実現するのは1案ぐらいですね」

「切る」シリーズの次は何が登場するのか、しばらくremyから目を離せそうにありません。