実質賃金、5か月ぶりに増加

写真拡大

厚生労働省が2017年7月7日に発表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を差し引いた、5月の実質賃金は前年同月と比べて0.1%増えた。

5か月ぶりに増加に転じた。

基本給の伸び堅調

5月の現金給与総額は、前年同月と比べて0.7%増の27万241円。このうち、基本給にあたる所定内給与は0.9%増の24万1008円。残業代などの所定外給与は0.7%増の1万9100円。ボーナスなど特別に支払われた給与は1.6%減って1万133円となった。

同日のJ‐CASTニュースの取材に、厚生労働省は「所定内給与は堅調に伸び、賃金は引き続き増加している」と話した。

一方、雇用状況をみると、常用雇用は前年同月と比べて2.6%増。一般労働者は2.9%増加、パートタイムは2.2%増えた。ただ、パート比率は0.14ポイント減少した。