Blackmagic Design製品事例:土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」の場合

写真拡大 (全4枚)

© テレビ東京

Blackmagic Designの発表によると、テレビ東京系土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」の撮影で、Blackmagic URSA Mini 4.6KをA、Bカメラとして使用したという。また、撮影時にはBlackmagic Video AssistおよびBlackmagic Video Assist 4K、Blackmagic SmartView 4Kを使用したほか、グレーディングはDaVinci Resolve Mini Panelを使い、DaVinci Resolve 14で行われた。

© テレビ東京

「居酒屋ふじ」は、東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」の店主で2014年に逝去した“おやじ”の半生を描いた同名小説が原作。売れない若手俳優の西尾栄一が、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や「ふじ」の “おやじ”が残した逸話を通して、再び夢を追い求める姿を描いたヒューマンドラマで、テレビ東京のオンエア開始の一週間前から、Amazonプライム・ビデオで独占先行配信されている。撮影監督の今井孝博氏は次のようにコメントしている。

今井氏:Amazonプライム・ビデオ用の納品はUltra HD 4Kのため、もともと4K以上で撮影できるカメラを探していました。また、ほとんどのカメラはカメラ内部でRAW収録できないためレコーダーが必須になります。限られた予算の中で画質にも満足できて使いやすいカメラ、さらにそれを2台用意したい、という要望を実現するのはBlackmagic URSA Mini 4.6Kだけでした。

© テレビ東京

撮影現場では、2台のBlackmagic URSA Mini 4.6KにURSA Mini ViewfinderおよびBlackmagic URSA Mini Shoulder Kitが取り付けられ、AカメラのURSA MiniにはBlackmagic Video Assistも搭載された。モニタリングにはSmartView 4KをAカメラ、Bカメラ用にはBlackmagic Video Assist 4Kが使用された。

今井氏:この作品では、実在の「ふじ」とそっくりな店内をセットで再現しました。10人も入ればいっぱいの小さな店内なので、狭い場所でも入れるBlackmagic URSA Miniのコンパクトさは助かりましたね。また、ジンバルに乗せての撮影も何度かありましたが、カメラがすでにコンパクトでバランスが取りやすいので、わざわざジンバルの撮影のために小さなカメラを変える必要もなかった点も効率的でした。

テスト撮影時には、この作品専用のLUTを作り、撮影中はそのLUTを当てながら作業が進められた。同作品でデータマネージャーおよびオンライン編集、グレーディングを務めた株式会社インターセプターの田巻源太氏は次のようにコメントしている。

田巻氏:今回の作品は現場にDITがいなかったので、私がテスト撮影時に現場で使えるLUTを作成しました。グレーディングにはDaVinci Resolveを使うことが決まっていたので、フィルターやDaVinci Resolveを使って作品に合った画作りをしておくことで、クランクイン前からカメラマンとカラリストが最終的にどんなイメージにしたいか、という共通認識を持つことができます。また、カメラに直接LUTを当てられるようになった点は非常に大きなメリットですね。

© テレビ東京

今井氏:モニターにつなげば最終系のルックに近いものが見られるし、ViewfinderだけLUTをオフにするといったことができるのも便利です。照明技師さんも、どんなルックになるか確認しやすいので作業しやすくなります。

ベース感度は800で撮影しましたが、ノイズ感の少ないクリーンな画が撮れます。セット内とはいえ照明は基本的に店内の電飾の光量調整が多かったので、そういう状況では感度800で綺麗に撮れるというのは助かりました。一ヶ月間フル稼働してまったくトラブルもなく、60万円台のカメラでここまで撮れるのは、すごいです。

グレーディングにはインターセプターのDaVinci Resolve Studio 14およびDaVinci Resolve Mini Panelが使用された。

田巻氏:Amazonプライム・ビデオ用がUltra HDのProRes納品だったため、DaVinci Resolve Studio 14でのパフォーマンス向上は助かりました。Ultra HD 30pのタイムラインでの再生のスムーズさは、旧バージョンとは比べものにならないくらいです。今回コラボレーションワークフロー用に、2台のMacとLinuxマシンでシステムを構築しました。アシスタントが1台のMacを使い、私はよりパワフルなLinuxをメインに使いました。もう1台のMacはProRes書き出し用と、私がMacでしか動かないソフトウェアを使うとき用です。新しいエピソードの作業をしながら、他のマシンでレンダリングができたのは効率的でした。

またFusion Connectで、Fusionを使ってアシスタントが消し込み作業も行いました。DaVinci Resolve上で追いかけきれない複雑なマスクの作成や、写り込んでいる電話番号を消すためにFusionを使っています。

田巻氏:撮影の段階からポスプロまで他のソフトウェアを介さずに、ずっとDaVinci Resolveを使うことでルックが微妙に変わってしまうという心配もありませんでした。現場でトーン作りに時間をかけたので、最終グレーディングでは、そういったことに時間をとることなくタイムライン全体のマッチングやコントラストの調整に集中できました。またDaVinci Resolve Mini Panelを使うことで、RAWの設定もノブでコントロールできた点も作業しやすかったです。