肋骨骨折などで離脱が発表されたDF加地亮

写真拡大

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は7日、DF加地亮が肋骨骨折と診断されたことを発表した。1日の水戸戦で負傷した。全治は4週間から6週間が見込まれている。

 またこの期間を利用してかねてより痛めていた右足関節部ガングリオン(関節にできる腫瘍)の治療も行うことが決まり、同日、ガングリオン切除手術を行ったことを発表。こちらの全治は4週間。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ