小学3年生の長男と幼稚園年長の長女を育てる母・きなこ(@3h4m1)さん。

息子さんが通う小学校は、水筒を持参することが許可されています。ですが、こんなルールもあるそうです。

「登下校中、お茶を飲むのは禁止」

大阪の小学生が「登下校中のお茶禁止」に対し…

水を水筒に入れることは許可されているのに、なぜかお茶は禁止…小学生たちが「喉渇いた!なんか飲みたい!」と思ってしまうのも無理はありません。

中には、ルールを破ってお茶を水筒に入れている子もいるのだとか。彼らはこんな言い訳をしながら、持参した水分をガブガブと飲んでいるそうです。

「これ、水やし」

「勝手に口に入ってん」

「俺が脱水で死んだらどうする!」

「記憶にない」

言い訳がうますぎる…。

小学生たちの『言い訳』を聞いて、きなこさんはこう思いました。

「抜け道を探してルール解釈を拡大するのが、なんてうまいんだ…!」

「子どもは、いつの時代も言い訳が上手だなあ…」

この投稿に対し、子どもたちのユーモアセンスに多くの人が爆笑!中には「自分も昔、同じような言い訳してた」という人もいました。

みんなで『言い訳コンテスト』したら楽しそう。子どものころ、似たような言い訳してお茶飲んでました…。「記憶にない」って政治家の言い訳かよ!まさに「ああいえば、こういう」!

発想が柔軟なのでしょうか。子ども特有の『言い訳を考える能力』は本当にすごいと感心するばかりです…。

[文・構成/grape編集部]