画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ゴリラクリニックはこのほど、「男性の脱毛・ムダ毛ケア事情」の結果を明らかにした。同調査は、2016年6月3日〜6月6日と2017年6月20日〜6月23日に20〜30代日本人男性220名を対象にインターネットで実施したもの。

自分のムダ毛が気になるか尋ねたところ、「とても気になる」(2017年26.8%、2016年24.1%)、「すこし気になる」(2017年33.2%、2016年37.3%)を合わせると6割が「自分のムダ毛が気になる」と回答した。

自分のムダ毛が気になると回答した人に、下着周辺のムダ毛は気になるか聞くと、37.1%が「とても気になる」(2016年33.3%)、51.5%が「すこし気になる」(2016年55.6%)と答えた。合わせると、2017年・2016年とも、「下着周辺のムダ毛」を気にしていることがわかった。

特に許せない自分のムダ毛の部位について尋ねると、2017年の結果では、1位は「鼻毛」(52.3%)、2位は「肛門周りの毛」(47.0%)、「ヒゲ」(40.2%)だった。2016年調査は、1位は「ヒゲ」(43.0%)、2位は「鼻毛」(42.2%)、3位は「肛門周りの毛」(41.5%)となっており、鼻毛や肛門の毛を不要と考える人が増えていることがわかった。

ムダ毛を脱毛するならどのような状態を希望するか尋ねたところ、「さりげなく減毛したい」(2017年は52.3%、2016年は55.6%)という回答が半数以上を占めた。「徹底的にツルツルにしたい」は、3割強となっている(2017年は31.3%、2016年は31.9%)。

「見えない箇所も気を使っていそうな男性有名人」は誰だと思うか聞くと、2017年調査では、1位はGACKTさん、2位は福山雅治さん、3位は向井理さん、4位はりゅうちぇるさんだった。2016年調査とは、福山さんとGACKTさんの順位が入れ替わっている。