福士蒼汰、実写『BLEACH』に自信「見応えのあるアクションになっている」

写真拡大

福士蒼汰が主演を務める映画『BLEACH』(2018年夏公開)の特報映像が解禁された。

本作は、「週刊少年ジャンプ」で連載され、全74巻でシリーズ累計発行部数9000万部を突破した同名コミック初の実写映画。霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(くろさき・いちご)が、ある日突然現れた死神・朽木(くちき)ルキアから“死神の力”を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語となっている。

公開となった特報には、一護(福士)がごくごく普通の住宅街に一人立ち、死神だけが使うことができる刀“斬魄刀(ざんぱくとう)”によって一振りで虚の腕をたたき切る場面が映し出されている。このアクションについて、福士は「一護の斬魄刀はどデカイ刀なので、日々振り回してまずは慣れることを考えました。斬魄刀での攻防は予想以上に大変でしたが、見応えのあるアクションになっていると思います」とコメント。

また、現在CG作業中のためまだ全容は見えない虚については「監督とCGチームが作り上げる虚が、映画のスケールをさらに大きくしてくれると思います」と絶賛。さらに「一護と虚の対決、魅力的なキャラクター達の登場を楽しみにしていてください」とメッセージを送った。佐藤監督は「CGや持てる技術全てを使い、1カット1カットこだわり抜いて作っています。今はまだ腕だけしか見てもらえませんが、空前絶後の大アクションと相まって今まで見たことのない映画になると思います」と自信を覗かせている。