Wanna One、初のグラビアに問い合わせ殺到…「関係者のなりすましに注意して」

写真拡大

国民が選んだボーイズグループ“Wanna One”の初めてのグラビア撮影を行ったマガジンが、爆発的な関心を受けている。

Wanna Oneの初めてのグラビア撮影を行った「1st Look」側は本日(7日)、公式Instagramを通じてファンにお願いのメッセージを伝えた。

「1st Look」側は「今回の第137号は従来の部数より多くの部数を発行しましたが、国民プロデューサーの方々の愛情がここまで熱いとは予測できず、マガジンの在庫にご不便をおかけし、申し訳ございません。現在『1st Look』編集部とソーシャルメディアチャンネルに問い合わせが殺到し、一つ一つにお答えできず、やむを得ず以下のように全体お知らせを通じて対応しますので、ご了承願います」と明らかにした。

ファンから追加発注の依頼が殺到し、現在Wanna Oneのグラビアは追加発注及び予約販売を実施している。特に、Wanna Oneの当該グラビアが無料で配布されるドラッグストアやコーヒー専門店などと全国の書店は、マガジンの在庫や購入関連の問い合わせのため業務ができなくなるなど、Wanna Oneの人気を実感させたという。

マガジンの関係者になりすまし、プレミアム販売の書き込みを報告してほしいという嘘のお知らせを掲載したり、追加発注のニュースを知らせるハプニングも相次いでいる。「1st Look」側は「『1st Look』側からInstagramのダイレクトメッセージで、プレミアム販売の書き込みを報告してほしいと言われた」という内容が出回っている。この内容は虚偽事実であるため報告を止めていただきたい。現在、販売問題に関しては本社の法務チームに問い合わせている状態であり、回答によって積極的に措置を取る。職員たちはInstagramを通じてグラビアを評価したり、また追加発注に関するお知らせを掲載したりしたことがない。関係者になりすました書き込みに惑わされ、誤解されるようなことがないようお願いしたい」と呼び掛けた。