チームラボによる「かみさまがすまう森のアート展」が開催

写真拡大

かみさまの御前なる岩に憑依する滝/Universe of Water Particles on a Sacred Rock
teamLab,2017,Digitized Nature

チームラボは、2017年7月14日から10月9日まで佐賀県武雄市にある御船山楽園にて「資生堂presents かみさまがすまう森のアート展」を開催する。

同展示会は、非物質的なデジタルアートによって自然が自然のままアートになる「Digitized Nature」というアートプロジェクトのもと、長い時間の生命の連続性を表す巨石や洞窟、そして森そのものの造形をいかした展覧会となっている。

増殖する生命の巨石/Ever Blossoming Life Rock
teamLab,2017,Digitized Nature

会場となる御船山楽園は、1845年(江戸後期)に50万平米にもおよぶ敷地に創られ、敷地の境界線上には樹齢3000年以上の武雄神社の神木である大楠が、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。また、森には自然の巨石に囲まれた稲荷大明神がまつられ、洞窟には名僧行基が約1300年前に岩壁に直接彫ったと伝えられる仏や五百羅漢がある。

かみさまがすまう森のアート展