クリスタルがあしらわれている

写真拡大

クリスティアーノ・ロナウドが人々を驚かせることをやめることはない。最新の話題はスワロフスキー社製のクリスタルがあしらわれたスパイクを母国にある自身のミュージアムに展示している。これは同選手のマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードでの功績に捧げられたものであり、ピッチで着用されるために作られたのではない。

【関連記事:CR7 “初の家族写真”】

T・ダニエルによって制作された“ジュエリー”には、スペインリーグのロゴ、CR7の顔がデザインされたものとプレミアリーグのロゴ、ナイキのマークがデザインされたものがある。なお、このスパイクはCR7がこれまで獲得したバロンドールのトロフィーの横に飾られている。

CR7本人は、生まれたばかりの双子であるエヴァとマテオを含めた自身の大家族とともに休暇を続けている。移籍の噂もあるが、レアル・マドリードにとどまるだろう。