ゲスの極み乙女。の川谷絵音が7日、自身のTwitterを更新。七夕の日にちなみ披露したある“願い事”が反響を呼んでいる。

 川谷は2015年の七夕に「姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」と投稿し、翌16年は「今年も願いは同じです。姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」と同じ祈りを投稿。3年目となる今年もまた「毎年願いは同じです。姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」と同様の祈りを公開した。

 16年の投稿の際には、タレント・ベッキーとの不倫騒動で世間を揺るがす中つぶやかれた事に対し、「お前が言うか」「あなた自身が、もう誰とも付き合わないと誓うべき」などと厳しい声も寄せられる中、今年は「待ってました!そんな絵音さんが大好きです」「今年もお願いごと同じで、待ってました!ってなりました」「やっぱりこれww」「川谷、ロックダゼ!ブレないところがいい」「さすがです自分を曲げない所が好きです」などと、もはや恒例化した願い事を待ち望んでいたという声も。

 童謡「ねこふんじゃった」を物悲しく歌ったり、笑顔に対しての悩みを告白したりと、何かとTwitterでの投稿が話題になる川谷。引き続き、その個性的なつぶやきに注目したい。