7歳男児の腹部に最強の8パック(画像は『People's Daily Online 2017年7月4日付「Ripped 7-year-old Hangzhou boy has coveted 8-pack」』のスクリーンショット)

写真拡大

とにかく体操が楽しい、体を鍛えることが大好きだと話すその少年。成長とともに少年の体は贅肉ひとつない引き締まった肉体へと化し、7歳半の今はきれいに割れた腹筋が何よりの自慢であるという。中国・浙江省から“可愛いマッチョくん”の話題が飛び込んできた。

少年は浙江省の杭州市に暮らすChen Yiくん。幼稚園に通っていた5歳からプロを育成する体育系スクールで本格的に体操を学び始めたのは、体操選手には絶対に必要とされる勇気と類まれなるジャンプ力を備えていたからだそうだ。そんなYiくんは長時間にわたる厳しいトレーニングにも決して屈することがない。むしろ素晴らしい運動神経や反射神経、腹筋をはじめとする筋肉美、そして柔軟な体を褒められることが嬉しくて仕方ない様子だ。

メディアの取材を受けると、お得意のポーズでキメてみせるYiくん。この少年の腹部の筋肉は、いわゆる“6パック”などではない。なんと8つに割れているようだ。実は杭州市の体育関係者でこの少年の名を知らぬ者はいない。市内の大きなスポーツイベントをすでに多数経験しており、Yiくんは金メダル6個と銀メダル1個を獲得しているという。ただしYiくんは今後も長く成長期にあり、過度のトレーニングによる怪我だけは心配だ。

テックインサイトでは、スコットランドの“ミニ・マッスル”ことコスモ・テイラー君が15歳にしてボディビルダー・デビューを遂げたことを2015年に伝えた。成長期なのにやり過ぎ、筋肉増強剤といった薬物を使用しているに違いない、周囲がプレッシャーを掛け過ぎなどとかなりの批判が集まっていたコスモ君。当時はさかんにYouTubeに動画を投稿していた彼だが昨年からそれがピタっと途絶えており、しかしFacebookの写真を見る限り彼は日々着々とトレーニングに励んでいるもよう。健康的に体を鍛えるためにも食生活は大きなカギを握っているとして、投稿にはジムの様子と食べ物の話題が満載である。

画像は『People's Daily Online 2017年7月4日付「Ripped 7-year-old Hangzhou boy has coveted 8-pack」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)