画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○クイックアクセスとジャンプリストのキャッシュを削除

Windows 10のエクスプローラーは、「クイックアクセス」機能を備えている。直前に使用したファイルやフォルダーへの再アクセスを、すばやく行うための機能だ。ただ、エクスプローラーを使えば使うほど、この情報(履歴)は肥大化し、エクスプローラーの動作が重くなってしまうことがある。

この問題を回避するには、「クイックアクセスを使用しない」「キャッシュ情報の削除」という2つのアプローチが必要だ。基本的な操作は「フォルダーオプション(エクスプローラーのオプション)」ダイアログから設定を変更する。

「全般」タブでは、エクスプローラーを起動した際に開くフォルダーとして、「PC」「クイックアクセス」のいずれかを選ぶ。その上で、ファイルおよびフォルダーの使用履歴を消去できるので、合わせて実行しよう。

もう1つのアクションが、エクスプローラー自身のキャッシュ情報削除だ。「%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations」フォルダーに、ジャンプリストに用いるAutomaticDestinations-msファイルを格納している。

これらのファイルを消すことによって、エクスプローラーの応答速度が低下するような場面は回避可能だ。なお、AutomaticDestinations-msファイルを削除すると各アプリケーションのジャンプリストでピン留めした情報も削除される(筆者が確認した限りでは、エクスプローラーは対象外)。この点に留意してほしい。

阿久津良和(Cactus)