「昔話の桃太郎を題材にしたCMが話題になっています」と岩本乃蒼アナが伝えた。公共広告を扱う社団法人ACジャパンが制作し、美輪明宏がナレーションを担当した1分ほどのアニメ動画だ。

川でおばあさんが大きな桃を拾うと、「窃盗だ」「警察に届けないの」「子どもがまねしたらどうする」「ていうか、川で洗濯するなよ」「住所わかるかも」「家族も許すな」など、非難が殺到する。おばあさんは涙を流し、最後に「悪意のある言葉は人の心を傷つけている。声を荒げる前に少しだけ考えてみませんか」と結ぶ。

顔も名前も隠して非難する卑怯

ACジャパンの担当者は「なにげないメッセージが当事者や家族を傷つけ、サイトは炎上したりします。なんとかできないかと広告で表現しました」と説明する。街の人は「非難が人を傷つける今の時代ならではという感じですね」「ネットは怖い」などと話す。

本上まなみ(俳優)「匿名発言の問題を考えないといけないですよね。人の心を傷つけるのは、身を傷つけるのと同様の痛みだと理解される。そういう方向に進んでほしい」

近藤春菜キャスター「匿名で顔が見えない人の言葉がどれだけ無責任か。人に向かって言うことではない。面と向かって言えよと思います」