『水族館哲学 人生が変わる30館』(中村元著)

 水族館のすべてを知り尽くす敏腕プロデューサーが、全国の水族館から30館を独自の哲学で選んだ『水族館哲学 人生が変わる30館』が刊行されました。個性あふれる水族館の中には、廃館寸前であったり、集客に不都合ばかりだったのに、見事に再生した水族館も。いずれも個性的で魅力満載です。大水槽にゆらめく魚やかわいい水生生物たちに癒されませんか。

◆◆◆

日本人がオアシスを求める理由

 東京池袋、サンシャインシティの10階でエレベーターを降りたとたん、目の前に流れ落ちる人工滝の爽やかな音と、青い池を包むように茂った植物の緑によって、心は一瞬にして南洋のリゾートへとワープする。サンシャイン水族館は大都会の高層ビルの最上階にある世界唯一の水族館だ。


水中からアシカと共に空を見る。都会人にも動物たちにも「天空のオアシス」。

 2011年、私も関わったリニューアルにより、サンシャイン水族館は「天空のオアシス」として生まれ変わり、関東のみならず全国から、入りきれないほどのみなさんにお越しいただける最先端水族館になった。

 砂漠の民でもない日本人が、それほどまでにオアシスを求めている理由――実はそれこそが、日本において水族館がこれほどまでに盛んになった理由でもある。

 原始より人類は、森や草原の豊かな食物と、安全な気候、飲み水のある土地を求めて旅をしながら、世界中に広がっていった。だから、植物の緑色と、嵐の無い青空とそれを映した水面の青色は、人の精神を落ち着かせ安心させる色となった。

 とりわけ四季のある日本では、草木の緑や天候には敏感になった。太陽と水に依存する稲作農耕を始めてからは、ますますその傾向は強まっただろう。日本の神社が緑に包まれ清涼な水を有するのも、人々が平穏な日々への願いを込めたからではないだろうか。

 それに対して、緑の消えた森や嵐を映す濁った水面は冬を思わせ、ストレスを感じるはずだ。そして現代の日本は、先進国とされる国々の中ではまだ木々の緑が多く、清らかな川と美しい海の多い国土ではあるものの、都会はコンクリート色に染められ、川も港湾もどんよりと濁っている。

 だから人々は、休日になると海や山の行楽地に出かけてホッと一息つく。さらに余裕のある人は、森や川辺でキャンプをしたり、海でダイビングを楽しむ。そうやって精神の均衡を保とうとしているのだ。


ラグーンの白砂と陽光による美しい水塊が人々を非日常で包む。

高層ビルの最上階に広がる別世界

 しかし、出かける時間も体力もない人は? あるいは毎週でもこの都会から逃げ出したい人は? そんな人々のために自然を提供しているのが、現代の水族館なのだ。


空と緑の大地を海と滝で繋げた「天空のオアシス第2章」は命の楽園。

 現代社会が人々に与えているのは、都会のコンクリートによるストレスだけではない。人の密集した社会で生きていくためのさまざまな社会的義務、複雑で面倒な対人関係といった現代特有のストレスにさらされて、人々の心身は常に渇ききっているのだ。

 そこで天空のオアシス水族館である。この水族館に集まる人々の多くが、水生生物そのものよりも、それらの棲んでいる水中世界に浸りたくてやってくる人たちだ。どこまでも広がる青い水中、そこを漂う浮遊感、水による清涼感、水族館の水槽は潤いにあふれた非日常世界として、人々の心を癒し、生きる力を与えてくれる。それが「水塊」の力である。そのため、サンシャイン水族館は「水塊」を見せ、一人であるいはカップルで、水中世界に包まれることを最優先にした展示にあふれている。水塊度は日本一といってもいい。


海中の鍾乳洞。一つ一つの水槽の中に命あふれる水中世界が広がっている。

 高層ビルの最上階のため、規模も水量も小さいながらそれを感じさせることはない。それどころか、「サンシャインラグーン」水槽の前に立てば、どこまでも広がる南海のサンゴ礁の海中に潜っているかのような感覚に陥る。この水槽の前に何時間も座っている人も少なくない。他にも、海中の鍾乳洞、日本近海、深海の展示も見応え十分だ。

 10階で光射す海のオアシスの青色に染まり、世界初のクラゲトンネルを抜けて11階に上がれば、輝く緑があふれる川のオアシスのエリアが広がる。水草の世界、熱帯のデルタ地帯、南米のカエル……静かなブルーに癒された心は、広がるグリーンでさらに甦るだろう。日本人が落ち着く色、青と緑の中で息づく水生生物が、人々の心身を潤しリフレッシュしてくれるのだ。


世界初のクラゲトンネル。クラゲの浮遊感は現代を生きる人に心地よい。

度肝を抜く展示法

 その青と緑の効果は、屋上の広いエリアで最高潮になる。美しく緑化された屋上は、まさしくサンシャイン=「太陽の光」にあふれたオアシスだ。人々の頭上で、青空を背に気ままに泳ぐ「天空のアシカ」は、このオアシスのシンボルである。


植物の緑が眩しい淡水エリア。

 そして今夏(2017年)オープンしたばかりの展示は、従来のペンギン展示の常識を覆してしまった。ペンギン展示といえば岩場ばかりで、それが一般的なイメージだ。しかし実際、野生のペンギンは花咲く緑の草原で営巣もするのだ。その生態を「草原のペンギン」コーナーでご覧いただける。そして見上げれば、東京の空を悠々と飛んでいるかのように泳ぐ姿を目の当たりに体感できる「天空のペンギン」の展示もある。その姿は本当に美しい。いずれもケープペンギンの野生本来の姿を生き生きと見せつつ、見事なオアシスとなっている。


緑に囲まれた空の下で泳ぐ天空のアシカ。


都会の空を泳ぐかのような「天空のペンギン」。

 心のどこかで渇き感を覚えているみなさんには、水族館に出かけていただければと思う。きっと心身に潤いがもたらされ、リフレッシュできる。そして、現代の水族館がいかに現代日本人に必要不可欠な施設であるかを実感できるはずだ。

CHECK!
 勤め人のみなさんには、夕方以降もおすすめだ。昼の輝くような賑やかさがおさまると水塊の力はさらに増す。2017年夏のリニューアルゾーン「天空のオアシス第2章」の照明は、映画「アバター」の惑星パンドラをイメージする幻想的な美しさ。流行りの派手なプロジェクションマッピングとは一線を画した揺らめく淡い色に浮遊感を感じる。夜の屋上はビアガーデンにもなり大人の時間が楽しめる。ただ圧倒的にカップルが多くなるので、一人で訪れるときには心の準備が必要かも。

DATA

サンシャイン水族館 
TEL.....................03-3989-3466
住所....................東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
URL....................http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
開館時間.............10:00〜20:00(4〜10月)、〜18:00(11〜3月)(変更あり。要確認)
休館日.................なし 
入館料.................高校生以上大人2200円、小中学生1200円、幼児(4歳以上)700円
交通....................池袋駅から徒歩約10分。東池袋駅(東京メトロ有楽町線)から徒歩約5分
車=首都高5号線東池袋出口から直結

データは2017年5月現在のものです。

文・写真 中村元

(中村 元)