「プロデュース101」シーズン2出演クォン・ヒョンビンの成長記“得ることの多かった4ヶ月、感謝しかないです”

写真拡大 (全3枚)

ダンスをきちんと習ったことはないが、ただ音楽とラップが好きで後先考えずにMnet「プロデュース101」シーズン2に志願書を出した。無謀だと思われるかもしれない挑戦だったが、「プロデュース101」シーズン2は、クォン・ヒョンビンにとって良い先生となった。ダンスもうまくこなせない初歩の練習生から立派なリーダーとなり、練習生たちを引っ張りもしたクォン・ヒョンビンは、そうして「プロデュース101」シーズン2と共に自身の成長記を書き下ろした。

――「プロデュース101」シーズン2が終わった後、どのように過ごしていましたか?

クォン・ヒョンビン:久々に余裕ができて両親、知人たちと良い時間を過ごしています。番組が終わって名残惜しい気持ちよりも、得た事の方が多かった4ヶ月だったので、終わった今は感謝の気持ちしかないです。

――「プロデュース101」シーズン2の初放送を見た時の事を覚えていますか?

クォン・ヒョンビン:覚えています。練習生たちと皆一緒に集まって見たのですが、個人的に放送は初めてだったのですごく緊張しながらも、自分の姿がどう映るか楽しみでもありました。

――モデルとして足場を固めていた中、「プロデュース101」シーズン2に出演する事になりました。特別なきっかけはあったのですか?

クォン・ヒョンビン:元々高校の時から音楽が好きでした。特にラップが好きで「プロデュース101」シーズン2というチャンスが来て、先のことは考えずに出演を決心しました。「これじゃないともうチャンスはない」と思っていました。それから「モデルとしてでも上手くいっているのに、何故出るんだ」という反応もありましたが、僕自身はモデルとして足場を固めるにはまだまだだと思っていました。無条件で頑張らなければならない時期でしたし、チャンスが来たので掴みたかったです。あれこれ計算せずに情熱だけを持って飛び込みました。

――「プロデュース101」シーズン2に出演しながら最も辛かった瞬間はいつですか?

クォン・ヒョンビン:放送の序盤、多くの方から反感を買った時、話す場所がなかったです。余裕もなくてすごく辛かったですが、その度に自ら気を引き締めました。僕を応援してくれる周囲の人たちとファンの皆さんに対して、実力の面で向上する様子と再び明るい姿を取り戻すところを見せたかったです。だからこそより練習に集中しようと努力しました。

――放送では泣く姿がよく見られました。普段も泣き虫な方ですか?

クォン・ヒョンビン:一番聞かれる質問です(笑) 信じられないでしょうが、普段はそんなに泣き虫ではありません。撮影当時は感情の変化が多く、僕は他の人の感情に共感しやすいタイプなので、泣く場面が多かったと思います。それに悔しくて泣くこともありましたが、嬉し泣きも多かったです。

――グループバトル「Sorry, Sorry」2組では最年少で、コンセプト評価「I Know You Know」ではチームリーダーを務めました。「プロデュース101」シーズン2を通じてたくさん成長したように見えます。

クォン・ヒョンビン:リーダーを初めてやりましたが、自分が考えていたよりも責任感がなければならない役目でした。責任感もたくさん感じましたが、その一方でやり甲斐もたくさん感じました。「I Know You Know」のチームメンバーは苦労が多かったですが、ステージを無事に終える事ができてありがたく思っていますし、今でもたくさん記憶に残っています。

――最終22位で惜しくも脱落となりました。番組出演前の目標順位はありましたか?

クォン・ヒョンビン:皆そうだと思いますが、11人のデビュー組の中に絶対入りたかったです。最終的に22位を記録したのは残念ですが、一方ではここまで来た自分が誇らしいです。

――22位で脱落した時、共に息を合わせた「Sorry, Sorry」2組の練習生たちと涙を流していたのが印象的でした。

クォン・ヒョンビン:やはり一緒に息を合わせた兄さん、弟たちとは格別でした。一緒に練習し、一緒に苦労したので、本人が脱落したのではなくても一緒に悔しがって一緒に残念に思いました。

――4ヶ月前に戻ったとしても、再び「プロデュース101」シーズン2に出演したいと思いますか?

クォン・ヒョンビン:当然イエス! です。僕にとってこの4ヶ月はとても成長できた時間でしたし、「プロデュース101」シーズン2を通じて、以前に比べとても成熟することができました。そして何よりも仲良くなった兄さん、弟もできて、将来についても今一度考え直せた経験でした。