テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス2回戦。担架でコートから運び出されるベタニー・マテック・サンズ(2017年7月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は6日、女子シングルス2回戦が行われ、ベタニー・マテック・サンズ(Bethanie Mattek-Sands、米国)が試合中に転倒して膝を激しく痛め、コート中に叫び声が響き渡った。

 17番コートでソラナ・シルステア(Sorana Cirstea、ルーマニア)と対戦した32歳のマテック・サンズは、最終セット第1ゲームでネットにアプローチした際に右膝を負傷すると、そのままコートに倒れ込んだ。

 マテック・サンズが「お願いします、助けてください。お願い、お願い」と泣き叫ぶ声は非常に痛ましく、テレビカメラも激痛にもだえる同選手の撮影を中止。シルステアはマテック・サンズの膝について「飛び出していた…。かなりおかしい位置になっていた」と振り返った。

 シルステアはまた「私もパニックになった。あのようなけがは今まで目にしたことがなかったし、膝はかなり悪い位置になってしまっていた」とした上で、「彼女を励まそうとしたけど、私もうろたえてしまった。無力だった。彼女は『ソラナ、助けて。私を助けて』と言い続けていた」と説明している。

「もっと何かできればよかった。普通なら最大の敵に祈ることではないけれど」

 取り乱したシルステアが涙を流す中、マテック・サンズの夫ジャスティン(Justin)さんも駆け寄り、医療スタッフが来るまで妻を慰め続けた。うつぶせの状態で20分を過ごし、ようやく担架でコートから運び出されたマテック・サンズは、英ロンドン(London)西部の病院へ搬送され、その後「深刻な膝のけが」をしたことが発表された。

■「みんな凍りついて、誰一人として反応しなかった」

 第1セットを4-6で落としながらも、第2セットを7-6(7-4)で奪い返し、最終的に勝者として宣告されたシルステアは、即座に助けを求めたのは自分と、自身のトレーナー、そしてマテック・サンズの夫だけだったとした上で、「私は主審に向かって叫んだ。みんな凍りついて、誰一人として反応しなかったから、担架を持ってくるように言ったの」と語った。

「彼女はショックを受けていたし、医療チームの到着はあまりにも長くかかった。永遠に感じた。もしあれが心臓発作だったら?映像を見直して、どれだけ時間がかかったか確認するべき。私はあの場所に10分、15分もいたし、担架も到着していなかった」

 一方、ウィンブルドンを主催するオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All England Lawn Tennis and Croquet Club、AELTC)は、医療チームを擁護する声明を出している。

「資格を持った緊急隊員によって、17番コートへの初期対応は1分以内に行われた」

「コートに残された選手には鎮痛剤が与えられていた。その後すぐに救急車に運ばれ、緊急状態下で病院に搬送された」

 同日には、18番コートで対戦したアリソン・リスケ(Alison Riske、米国)とクリスティーナ・ムラデノビッチ(Kristina Mladenovic、フランス)が、ともに試合の中断を要求する場面もあった。敗れたムラデノビッチは試合後、ベースラインに穴があったと主張している。
【翻訳編集】AFPBB News