持ち歌『ブルー・レイニー札幌』を切々と歌い上げる似鳥昭雄氏

 30期連続増収増益を成し遂げ、都市型店舗も次々と展開中のニトリ。その創業者であり、現在は会長を務める似鳥昭雄氏(73)は、2015年春に連載された日本経済新聞の『私の履歴書』が「面白すぎる!」と大きな話題を集めたが、実は似鳥にはもうひとつライフワークがある。歌うことだ。

 高校2年生でNHK『のど自慢』に出場。大学時代はプロ歌手の養成所へ通い、札幌のナイトクラブの専属歌手となったが、「私より歌がうまい人が東京へ出て、1年もすると戻ってくる。じゃあ、自分には無理だ」と“先見の明”で、歌手として羽ばたく夢を早々に捨てた。

 本職にはしないが、趣味を兼ねて歌を続けている。歌手「ニトリ アキオ」の名義で、2013年に川中美幸とデュエットした『めおと桜』をリリース。今年4月には新曲『ススキノ浪漫』を発表し、定期的にリサイタルも開く。本誌の密着取材期間だけでも入社式、奨学財団の卒・入団式、経営方針説明会……と人が集まれば、ことあるごとにオンステージで歌いまくる。

「なんで歌うのかって? 歌手ですから。なに言ってるんですか、プロなんですよ、プ・ロ。ニトリ アキオはホリプロならぬ“トリプロ”の所属歌手なんです(笑い)。ニトリ社長の白井(俊之)さんが冗談で事務所の名前を付けてくれて、所属歌手はニトリ アキオ1名です。経営者との比率は微々たるものでも、生涯歌い続けたい」

 なにしろ飽きっぽく、歌以外は何ひとつやり遂げたものがないという。

「柔道もボクシングも卓球も、空手だけは2年続きましたが、部活はどれも途中でやめてしまったし、怠け者で働くのはきらい。家具店を立ち上げても接客が上手な家内にすっかり甘えて、毎晩夜遊びをして、パチンコに入り浸っていた。飲むし、女好きで、賭け事が好き。いいところがないね(苦笑)。

 ただ、米国を視察したことで、だんだん商品に興味が湧いてきた。売れ筋は何か、売れなかったのはデザインが悪かったのか、価格なのか、品質なのか、機能なのか。観察と分析と判断を繰り返して、自社製品を開発しようという考えに至りました」

 似鳥は、ひんやりした肌触りの接触冷感素材『Nクール』の寝具や2重ポケットコイルのマットレスなど、オリジナルのヒット商品を開発して世に送り出し、改良を重ねてきた。

「お客様の声を汲み、今年からNクールのペット用品も始めました。犬や猫も夏は暑いですからね。家内や友人の意見もよく参考にします。

 マットレスが重くてシーツで包む時に持ち上げられないと言われたら軽量化したり、英国のローラアシュレイみたいな品の良い商品が欲しいと言われたら、さっそく取り寄せて、似たような雰囲気のものを作ってみたり。私自身が気付いたことも含めて、商品を使っている人間しかわからない意見は日常たくさん出てくるので、すぐに検証します」

 ニトリのおかげで食べさせてもらっているから、お返しをしたい。そう語る気持ちもまた、サービス精神の表われなのだろう。同社は2032年までに国内外3000店舗、売り上げ3兆円達成を掲げる。期限まであと15年。私の人生のピークは88歳──。73歳の似鳥はすがすがしく言い切った。

【プロフィール】にとり・あきお/1944年、樺太(サハリン)出身。ニトリホールディングス会長。1966年、北海学園大学経済学部卒業。広告会社へ就職した後、札幌市内に「似鳥家具店」創業。1985年、社名を「ニトリ」へ変更。2002年東証一部に上場。2007年台湾に海外1号店をオープン。2010年、持ち株会社へ移行し、社名を「ニトリホールディングス」へ。2017年、30期連続の増収増益を果たし、2018年の連結経常利益を前年比18%増となる初の1000億円台を見込んでいる。趣味はゴルフ。昨年は80回ラウンドした。

撮影■江森康之 取材・文■渡部美也

※週刊ポスト2017年7月14日号