2020年に開催される『東京パラリンピック』。アスリートにとっては、特別な思いを持って待ち望む夢の舞台です。

そこに向けて、同じ目標を持って二人三脚で歩む夫婦がいます。

同じ境遇の中で、運命の出会い

リオパラリンピックに夫婦そろって出場した柔道の廣瀬 悠(はるか)・順子夫妻。

仲むつまじい2人には、柔道家だけではなく、別の共通点もありました。

夫の悠さんは高校2年生の時に緑内障が発覚し、徐々に視力が低下します。妻の順子さんは大学時代に成人スティル病を発症。後に病気は完治したのですが、その影響で視力を失います。

そう、2人は目が見えづらく矯正しても治らない『弱視』という共通点があるのです。

それでも、2人は小学生時代からやっていた柔道を続けることを決意。視覚障がい柔道の道を選びます。

そして視覚障がい者柔道の合宿で知り合う2人。

ハンディを持ちながらも、誰とでも分けへだてなく明るく接する悠さんに惹かれ、なんと順子さんから逆プロポーズ!2人は2015年に結婚します。

青春時代に苦しい経験をしながらも、それが縁となり2人は運命的な出会いを果たすのです。

リオパラリンピックで魅せた妻の快挙

目を悪くしてからできることも少なくなった。

料理の時などの、包丁を使う手はおぼつきません。生活している中でも、困難なことはたくさんあります。

それでも2人は支え合いながら、リオパラリンピックに出場。順子さんは、悠さんに見守られながら見事銅メダルを獲得しました。

まだまだこれから、次なるステージへ

きついことも笑顔でやることを心掛けたり、練習がいやになった時も、どちらかが引っぱっていったり。

自然に自分たちの中で決まりごとが生まれました。

2人だから頑張れる。

夫婦だけどスポーツの世界ではライバルでもある。

ハンディを持った2人が合わさって補い合えば、それが『強み』になるのです。

夫婦でメダルをとること。

この目標を胸に、2020年へ向けて2人は手を取り、力強く歩んでいきます。

[文・構成/grape編集部]