認識イメージ

AWA Co. Ltd.は5日、スマートフォンで音楽の波形を認識し、数秒でアーティストと楽曲を特定することができる新機能「音楽認識機能」の提供を開始した。

 

日常生活では、お店から流れてくるBGMやテレビを見ていて気になった曲など、ふとした瞬間に「この曲なんていう名前だろう」と、気に入った曲について調べたくなる瞬間がある。これまでにも、曲の鼻歌を歌って曲名を検索するアプリやCMソングに特化したサーチエンジンなどのサービスがあったが、音楽配信のAWAが「音楽認識機能」をサービスの中に取り込んだ。

 

機能はStandardプラン(月額/税込960円)とFreeプラン(月額無料)の両プランで使用することができ、音楽認識ボタンをタップすると数秒で曲名とアーティストが判明する。特定された楽曲はすぐにAWA上で聴くことができ、歌詞も表示される。ios/Androidのウィジェットにも対応し、曲が気になった瞬間にスマホのホーム画面から機能を立ち上げてサーチすることが可能だ。

認識のスリーステップイメージ

同社では、本機能により「新しい形の“音楽との出会い”を提供」するとしている。

 

発表資料

URL:http://bit.ly/2tnI48p

2017/07/07