九州豪雨被災者に義援金を寄付するMAG!C☆PRINCE

 東海発ボーイズアイドルグループのMAG!C☆PRINCE(通称・マジプリ)が7日、九州豪雨で被災された方々へ義援金を送ることを表明した。8日に東京・Zepp TOKYOで開催されるワンマンライブ『本気☆LIVE Vol.4』のチケット売上・グッズ売上の一部を寄付する。リーダーの平野泰新は「今こそ助け合い、今の僕たちに出来ることを全力で」と、支援への気持ちを述べた。

 九州は、5月に結成されたばかりのマジプリの弟分グループである九星隊(ナインスターズ/通称 ナイスタ)の活動拠点ということもあり、マジプリのメンバーもイベント等で何度も訪れていた場所。

 先日から続いている九州での記録的な豪雨については、マジプリとナイスタのメンバー同士で連絡を取り合う中でその被害の深刻さを受け止め、マジプリとして何とか力になりたいとメンバー・スタッフで話し合い考えた結果、東京・Zepp TOKYOで開催されるワンマンライブ『本気☆LIVE Vol.4』チケット売上・グッズ売上の一部を寄付することになった。

 マジプリのリーダー平野は以下の通りにコメントしている。

――今回、九州豪雨の影響で被害にあった方々の力に少しでもなりたいと思い、今の僕たちに出来ることはなんなのかということを考えました。僕自身も東日本大震災の時に青森にいて災害を経験したこともありますし、弟分のナインスターズが福岡ということもあり、連絡をとりあいながら被害の大きさなどを聞き、メンバー、スタッフの皆さんで話し合って ZeppTOKYOの売り上げの一部、グッズの販売の売り上げの一部を、少しでも九州の皆さんに役に立ちたいという思いから寄付させて頂くことにしました。

 当日はナインスターズもZeppTOKYOに駆け付けてくれるので一緒に多くの笑顔を生み出して、そのパワーをナインスターズのみんなに託して九州に届けてもらいたいです!
今こそ助け合い、今の僕たちに出来ることを全力で――

 一方でナイスタの隊長・山口託矢は以下の通りに述べている。

――今回、僕たちも参加させていただくMAG!C☆PRINCEさんのZeppTOKYOワンマンライブの売上金の一部を寄付される事を伺い、とても有難く思います。僕たちの活動の拠点である九州は、大雨による甚大な被害を被っています。僕がこの目で見た光景は、道路がどこにあるか分からないほどクリークが氾濫しており、いつもとは全然違うものでした。今も大変な思いをされている方々のためにも僕たちができる事を考え、少しでも早く元の生活に近づけるように九星隊一同、尽力します――