サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選第8戦が各地で行われ、A組の韓国は13日夜(日本時間14日午前)カタールのドーハで同国と対戦し、2―3で敗れた。前半30分、韓国のエース、FW孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)が空中戦で競り合って倒れ、痛みを訴えている。関係者によると孫は右前腕骨を骨折した=13日、ドーハ(聯合ニュース)
(END)
【春川聯合ニュース】サッカーのイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する韓国の孫興民(ソン・フンミン)選手(24)が7日、来年開かれる平昌冬季五輪の開催地、江原道の広報大使に就任した。

 孫選手は江原道春川市出身。多忙なスケジュールに加え、先月試合中に骨折した右腕の治療中であるにもかかわらず広報大使を快く引き受け、積極的な協力を約束した。広報大使として同道の政策を広報するほか、平昌五輪を盛り上げていくことになりそうだ。
 孫選手は「江原道民の応援によりここまでやってこれたと思う。平昌五輪の成功と江原道の広報にどれだけ貢献できるか分からないが熱心に努力したい」と述べた。
hjc@yna.co.kr