▽Jリーグは7日、6月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1は横浜F・マリノスの元日本代表DF中澤佑二が選出された。中澤は初受賞となる。

▽中澤は6月に行われた明治安田生命J1リーグ全3試合に出場。チームも無失点で3連勝を飾っていた。また、連続フル出場タイ記録も樹立していた(翌節に新記録達成)。Jリーグ公式サイトは、中澤のコメントを紹介している。

◆DF中澤佑二(横浜F・マリノス)

「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan』6月の月間MVPに選んでいただき大変光栄に思います。6月の3試合すべてを無失点で勝利し、この賞を受賞出来たことは大変嬉しいですが、この結果は自分の力だけでなく、90分間しっかりと集中し身体を張ってくれているチームメイトのおかげだと思っています。そしてまた、いつも応援してくださるファン・サポーターの皆さんの声援があったからだと思っています。本当にありがとうございます」

「マジメに生きてさえいれば

スバラシイ人生がまっているさ

ターとえ

カーッコ悪くたって

ドンと構えて生きていこうぜ」

▽また、Jリーグは中澤の選出について選考委員会による総評を紹介している。

「守備の中心として、またチームの中心としてリーダーシップを発揮。的確なポジショニングでボールに対応するという中澤選手の持ち味を生かしたプレーで、身を挺して相手攻撃やシュートをブロック。攻撃的なチームを相手に、6月の3連勝、無失点という素晴らしい結果に貢献した」

「同選手のプレースタイルはDFながらもファウルが少なく、安定した活躍で第16節にフィールドプレーヤーとして連続フル出場タイ記録も樹立(翌節記録を更新)した。3連勝、無失点に貢献した活躍に加え、大記録の樹立、チームの中心的存在であることが総合的に評価されての受賞となった」