画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●台湾Synologyが国内無線LANルータ市場に参入

台湾Synology(シノロジー)は7月6日、プレミアム無線LANルータ「Synology RT2600ac(以下、RT2600ac)」の新製品発表会を秋葉原で開催した。7月8日より予約を開始し、7月14日から販売開始の予定だ。価格はオープンで、市場想定価格は税別29,800円。

RT2600acは、Qualcommの1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載し、OSには独自の「SRM(Synology Router Manager)」を採用。IEEE802.11ac wave2に対応し、同時に複数のデバイスを自動的に高速接続できるMU-MIMOにも対応する。スループットは最大2,533Mbps。外部ストレージへの接続に対応し、100台の同時接続が可能だ。

このほか、RT2600acの細かな仕様は別記事「Synology、豊富な機能を備えた11ac wave2対応ルータ「RT2600ac」を国内投入」に詳しいのでそちらを参照してほしい。

発表会は、RT2600acの国内販売がこのタイミングになった事情についての内訳話から始まった。

Synologyは、RT2600acで国内ルータ市場に初参入となる。フィールドレイクを販売代理店として国内販売に向けて動いていたが、いわゆる技適マークの認可が6月末に急遽降りたことを受け、夏の商戦に間に合わせるために大急ぎでの発表と販売となったという。そのため、製品の日本語化やWebサイトの準備などは前もって進めていたものの、アタッチメントなどの販売予定や、販売施策など一部は未定のままとなっている。

Synologyの国内スタッフの紹介後、壇上に立ったのはフィールドレイクの倉石氏で、プレミアム無線LANルータ市場が国内外で注目されている背景や、プレミアム無線LANルータに求められる機能、RT2600acの特長などをプレゼンした。

○プレミアム無線LANルータに求められる3つのニーズ

Synologyの調査では、グローバルにおける無線LANルータ市場は平均単価が年率11%で伸びているという。これは200ドル(約22,000円)以上の高価格帯に位置する高性能なプレミアムクラスが伸びているためで、ルータをアクセスポイントとしてだけ利用するのではなく、セキュリティやトラフィックコントロール機能をきっちり使いこなす層が増えてきていることが背景にあると分析する。

一方、国内の無線LANルータ市場に目を向けると販売台数は四半期で70万〜80万台、平均単価は高くても6,800円前後で推移している。国内ユーザーの多くが、まだまだ無線LANルータをアクセスポイントとしてしか活用しておらず、Synologyではここにもっとプレミアムクラスの伸び代があるはずだと読む。

では、プレミアム無線LANルータとは具体的にどんなものを指すのか。大きく次の3つのニーズを満たすものだと指摘する。(1)複雑化するアプリケーション、増えるデータ量に対して十分な帯域の確保と接続の維持、(2)端末、利用者の増加に対する、セキュリティの確保、(3)容易なマネージメントだ。Synologyは、RT2600acがこの3つのニーズをすべて高水準で満たすとアピールする。

●高速性、利便性、安全性に加え、操作のしやすさも秀逸

○高速性、利便性、安全性に加え、操作のしやすさも秀逸

この3つのニーズについて、少し詳しく見ていこう。(1)に関しては、先述の最大2,533Mbpsのスループットを実現するルータとしての基本性能の高さに加え、複数のデバイスのそれぞれが自動的に2.5GHz帯と5GHz帯のどちらか最適な帯域に接続して回線を維持する、スマートコネクト機能などが挙げられる。

また、QualcommのNSSエンジンを採用しており、Layer 4(L4) トランスポート層とLayer 7(L7)アプリケーション層をハードウェアでアクセラレーションできる。これにより、L4やL7のコントロールを追加しても通信速度を維持する。

さらに、個人ユーザーというよりは、SOHOなど向けの機能となるが、WANポートを2基搭載しており、1つの回線に障害があった場合、即座にもう1つの回線へつなぐ自動フェイルオーバーにも対応する。

(2)については、ランサムウェアなどのマルウェアの蔓延や不正アクセスが念頭にあるわけだが、高度なトラフィック解析が可能なInstrusion Detection Systemによる悪意あるパケットの侵入検知と通知や、Intrusion Prevention Systemによる侵入防止に対応する。

また、2016年末にシリースした、VPNアプリケーションの「VPN Plus」が提供され、これをRT2600acで活用できる。同社が従来提供してきた「VPN Server」の機能を拡張したもので、VPNのセキュリティを向上し、利便性もアップする。VPN Serverでサポートしていた、PPTP、L2TP over IPsec、OpenVPNといったプロトコルに加え、VPN PlusではSSTP、WebVPN、Synology SSL VPN、管理機能にも対応する。

独自となるSynology SSL VPNは、高いセキュリティを維持しながら、高いスループットも実現し、設定も容易に行えるよう工夫されているという。具体的にはデバイス単位やアプリケーション単位のトラフィック制御が可能になるため、例えば社内でSMBのファイル転送用には大きな帯域を確保し、SNSや動画サイトなどの帯域を小さく設定するといったポリシーが適用できる。

なお、SSTP、WebVPN、Synology SSL VPNは1アカウントは無料で利用できるが、2アカウント以上の同時接続は別途ライセンスが必要となる。2アカウント以上のライセンス料金は、9.99ドルで提供されており、SRM上からクレジットカードなどで購入できる。

RT2600acでは、ペアレンタルコントロールにも対応する。ペアレンタルコントロール自体は多くの製品で導入されている機能だが、RT2600acではネットワーク単位に加え、デバイス単位でも設定できるのが特長だ。子供の利用するデバイスにだけ、アクセス制限を掛けたり、インターネットの接続を許可する時間を設定するといったことが可能になっている。

最後の(3)は、ユーザーインタフェースの見やすさ、使いやすさが中心となる。先述した独自OS(管理ツール)のSRMは、QuickConnect IDを登録するだけで、ブラウザベースで簡単にアクセスでき、どんな機能をどう設定すれば、期待通りのカスタマイズが可能か直感的に理解しやすい。

画面上で使われている専門用語は、マウスオーバーすると用語解説がポップアップするといった工夫も凝らされており、中級者クラスの知識があれば十分使いこなせるのではないかと感じる。

また、利便性を向上する機能としては、Cloud Station Suiteにも触れておきたい。RT2600acには外部ストレージとして外付けHDDなどが接続できると先述したが、Cloud Station Suiteを利用すれば、インターネット内外でPCのフォルダと外付けHDDのフォルダを同期できる。イメージとしては、DropBoxの機能を自前で用意できる状態に近そうだ。

SRMの管理画面。ペアレンタルコントロールで、指定したMACアドレスに対して利用可能な時間帯の編集を行っているところ

○プレミアム無線LANルータ市場の盛り上がりに期待

Synologyでは、RT2600acをルータを扱い慣れた熟練PCユーザーや、ゲームユーザー、SOHOユーザーなどにアピールしていくという。取扱説明書はPDFで用意しているが、パッケージには折りたたまれたクイックスタートガイドのみの同梱となっており、SSIDが何を指すか分からないような初心者には少々難しいはずだ。

とはいえ、スペックを見る限りでは、プレミアム無線LANルータを名乗るだけの機能・性能はきっちり盛り込まれており、国内ルータ市場で高付加価値を売りにするプレミアムゾーンが伸びていく可能性も感じさせる。そうなっていけば、初心者でも手を出しやすくなるような"仕掛け"や"フォロー"は、自ずと起ち上がってくるだろう。

実機はアンテナを含まないサイズが、W280×D169×H77mmと決して小さくはない。壁掛けは可能だが(専用アタッチメントの提供時期は未定)、縦置きは基本的には対応しない。

実機を実際に見てみたい場合、秋葉原のPCショップなどを中心に、カメラ系量販店や一部家電量販店の自作コーナーで展開するとのことなので、店頭で確かめると良い。もちろん、購入はウェブ通販などでも可能だ。