AbemaTV(アベマTV)にて7月6日に放送された極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』で、芸能界最強の2人を決めるための企画「コンビ相撲最強決定戦」が開催され、東大相撲部出身の新人マネージャー“やなせさん”の“きんたま”が見えたのではないかという議論が展開された。

 やなせさんが現れたのは、番組の終盤。バッドボーイズの優勝が決定し、佐田正樹がトロフィーを持ちながら喜びを語っているときだ。加藤が「佐田さんね、優勝したと思ってるでしょ。これで気持ちいいビールでも飲もうと思ってるでしょう。我々もしかしてと思ってね。一人ね、刺客を用意してるんですよ。優勝者に吉本新人マネージャー、やなせ!ちょっと来い」と急に呼びかけると、スーツ姿の真面目そうなやなせさんが登場。加藤から「佐田!やなせに勝って初めて優勝だよ!」と予想外のお題が突き付けられた。

 佐田は「勝てるでしょう」と余裕の表情だったが、やなせさんがスーツを脱ぐと「東大」と書かれたまわしを締めており「東大の相撲部です」と改めて加藤から紹介された。ちなみに、やなせさんは「朝青竜の甥っ子に勝ったことがある」という武勇伝を持っているそうだ。

 実況席からの「真のチャンピオンになれるかどうかという一戦になりました。さあ、いきましょう!」という声を合図にいよいよ、佐田とやなせさんの取り組みがスタート。佐田は思い切りやなせさんに突っ込んでいき、一時は優勢に見えたが、最終的にやなせさんに投げ飛ばされ勝利を逃してしまった。

 やなせさんは試合について「思った通りで。相撲を知らないちんぴらなんで」と佐田を揶揄。すると佐田は「おい!きんたま出とるやないか!」とやなせさんをバッシングしながら「吉本に負けるの悔しい!」と負けを認めた。

 しかし“きんたま”の件を気にした加藤が「大丈夫だよね?リプレイ見ましょうか?」と発言し、念のためチェックを行うことに。出演者全員でVTRを見ている際、安田大サーカスの団長は「けっこう最初から出てましたよ」とコメント。クロちゃんも「見えてました」と明かし、品川庄司の品川祐は「俺たちの位置からは一個じゃなくて二個見えてました」と証言した。加藤はここで「きんたまが出てたら負けにしよう」という新ルールを設定。その後も全員でVTRを細かくチェックしたが“きんたま”が出ていることは確認できなかった。

 結局、優勝は新人マネージャーのやなせさんに決定。佐田は「きんたま出てたと思ったんですけど」と悔しそうに試合の感想を述べた。

(c)AbemaTV