チュ・ジフン&Brown Eyed Girls ガイン「破局は事実」…事務所が認める

写真拡大

俳優のチュ・ジフンとBrown Eyed Girlsのガインが破局を認めた。

チュ・ジフンの所属事務所キーイーストの関係者は、本日(7日) TVレポートに「別れたことに間違いない。具体的な時期は分からない。チュ・ジフンが午前6時まで撮影をしていて確認が遅れた」と明らかにした。

ガインの所属事務所であるMYSTICエンターテインメントも「2人が破局したのは事実であり、その他詳しい事項は、私生活なのでお答えすることが難しい点をご了承いただきたい」とコメントした。

芸能界の同僚として長い間知人として過ごした2人は、2014年SNSとオンラインコミュニティを通して、デートの目撃談が拡散され熱愛説が浮上した。当時、チュ・ジフンがガインの「Fxxk U」のミュージックビデオに出演し、破格的な場面を見せ熱愛説に火を付けた。2人は2014年5月に熱愛の事実を公式的に認めた。

放送を通してお互いに対して言及し、愛情を見せつけていた2人は最近、ガインが自身のSNSを通して、チュ・ジフンの友人パク氏から大麻を勧められたという暴露を掲載し、2人の愛の行方に関心が集中していた。

この文章で、ガインとパク氏は警察の調査を受けた。警察は大麻を勧めた事件と関連した物的証拠がないと判断し、パク氏に嫌疑なしの処分を下した。

チュ・ジフン&Brwon Eyed Girls ガイン、破局説が浮上…双方の事務所がコメント「確認中」