北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は6日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相に対して「同族対決妄言をやたらに吐いている」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、康氏は「南朝鮮占領米帝侵略軍司令官とソウル駐在米国代理大使、米国外交協会会長などに会って『北の核対応」のための米国との『共助』を『最優先視』するだの、『北の核・ミサイル脅威』だの、何のと上司の機嫌を取ったかとすれば、国連での『北の人権決議案』採択劇に対する自分らの支持立場を宣伝した」と指摘した。

また、「南朝鮮のキャンドル民心は北南関係が一日も早く改善されてこの地に平和と安定が訪れることを切々と願っている」としながら、「ただ自分一人の出世と官職のために誰それの顔色をうかがい、機嫌を取ることにだけ汲々とする康京和のざまこそ、良心とは全くない親米分子としての本性をありのままさらけ出したことになる」と非難した。