王者チェルシーに暗雲? コンテ監督が移籍市場で後手を踏むクラブに不満か

写真拡大

ルカク獲得を熱望もマンU移籍合意の報道 英紙は指揮官の去就にも影響と指摘

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は移籍市場におけるクラブの停滞ぶりにフラストレーションを溜めており、そのことが自身の去就にも影響を及ぼすことになりそうだという。

 英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 チェルシーはエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクを今夏のトップターゲットと定め、コンテ監督もクラブに高額な移籍金を投じてでも絶対に獲得して欲しいと要求していた。しかし、6日にルカクが移籍金7500万ポンド(約110億円)でマンチェスター・ユナイテッドへの移籍に合意したと報じられた。

 コンテ監督にとって、ルカクはユベントス監督時代からの悲願のターゲットだと言われていた。それだけに、移籍市場でライバルクラブに遅れを取っている現状に憤りを感じているようだ。記事では「ブルーズは夏の移籍失敗。激怒のアントニオ・コンテのチェルシーでの将来は不確かなものとなった」と指揮官の長期政権に疑問を呈している。

 すでに昨季20得点のFWジエゴ・コスタは、コンテ監督が戦力外扱いとしている。チェルシーはルカク獲得失敗に備えてレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタ、スウォンジーの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ、トリノのイタリア代表FWアンドレア・べロッティなどに方針転換するとの噂も上っているが、後手を踏んだ動きであることは否めない。

 アーセナルのFWアレクシス・サンチェスやサウサンプトンのDFフィルジル・ファン・ダイクも獲得できず、さらに獲得が近づいたと言われていたモナコMFティエムエ・バカヨコ、ユベントスDFアレックス・サンドロもいまだ正式決定には至っていない。コンテ監督の望む補強がことごとく失敗に終わったことで、チェルシーは近い将来、大きな代償を支払う結果になるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images