提供:リアルライブ

写真拡大

 俳優の船越英一郎から離婚調停を申し立てされていたタレントの松居一代が一部スポーツ紙の取材に応じ、調停が不調で離婚裁判になった場合、最高裁まで争う姿勢であることを表明している。

 5日早朝にYouTubeに投稿した動画で、船越がバイアグラを服用してW不倫していることを明かした松居。6日にブログで「バイアグラ男の船越英一郎は絶対に許しません」と挑発。まったく和解の意思がなく、徹底抗戦する構えであることをアピールしていた。

 記事によると、「私、船越にまったく未練はありません」と断言。しかし、「命を懸けて、最高裁まで争います。船越が『申し訳なかった』と頭を下げるまで、ガッツでまいります。私は絶対にうそをつきません。すべてを公開してまいります」と、船越がW不倫・不貞行為を認めるまで離婚に応じない姿勢であることを明かしたという。さらに、調停が不調に終わった場合の離婚裁判まで見据えているようで、泥沼化しそうだ。

 「船越の事務所は連日、船越の不倫を否定している。もし、本人の身に覚えがない場合、裁判所が認めざるを得ないような船越の不倫の“証拠”を提出するのは松居でも難しいだろう。そういうこともあり、松居はブログやメディアを使って精神的に船越を追い込もうとしているのでは」(芸能記者)

 松居のブログは6日、Ameba芸能人・有名人ブログランキングで総合1位を獲得。5日にYouTubeに公開した動画「船越英一郎の裏の顔」は、6日現在、再生回数286万回を突破。さらに、5日に開設したツイッターのフォロワーは早くも5万人を突破した。

 すでにネット上では絶大な“影響力”を持つ松居。

 一方、いまだに沈黙したままの船越だが、どのタイミングで“反撃”を開始するかが注目される。

※写真・松居一代Twitterより