2日に行われた東京都議会議員選挙で圧倒的な勝利を収めた「都民ファーストの会」。公認候補の50人中49人が当選、さらに無所属の推薦候補6人を追加公認したことにより、合計55議席を占める大躍進を果たした。

 その一方、選挙翌日にはこれまで党を率いてきた小池百合子都知事が代表を退く意向を明らかにし、波紋を広げている。議会第一党の代表と都知事を同時に務めるのは二元代表制の観点から問題があり、知事の仕事に専念すべきとの考えからだ。

 小池都知事の退任に伴い、新たに代表に就任するのは野田数(のだ・かずさ)氏(43)。東村山市議やアントニオ猪木参議員議員の秘書を務める傍ら、尖閣諸島の視察や保守系雑誌での評論活動など、右派的な言動が指摘されてきた。また、東京都議時代の2012年には現行憲法を無効とし大日本帝国憲法の復活を求める内容の請願に賛成していたことも報じられている。

 6日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、野田新代表に独占インタビューを行い、その政治思想や今後の都議会運営、そして噂される都民ファーストの会の国政進出について疑問をぶつけた。(聞き手:小松靖・テレビ朝日アナウンサー)

■「私個人の思想信条は明かしません」

ーー( 前編 の続き)新しく代表に就任して、これだけ注目を集める野田さんってどんな人なんだろう?と興味を持っている人も多いと思う。


野田氏 :以前とかわらないですよ(笑)。以前も注目を浴びてましたから。

ーー都民ファーストの会って、都政の透明化といったことは見えてきているが、政党としてどういう政治思想を掲げているんだろうかというときに、これまでの野田さん経緯を重ね合わせると、報じられているように大日本国憲法復活の請願に賛成したり、従軍慰安婦はなかったという発言もあった。

野田氏 :私個人の思想信条は明かしません。そこまで踏み込まれることではないと思っています。今、公人の立場で言えることは、あくまで小池改革を推進する都民ファーストの会の代表としてはそのいずれの考え方もあえて申しません。国政の話は言いません。地域政党ですから、我々は。

ーーやっぱり議員ではなく政治家ではないにしろ、政党をリードする代表で、非常に大きな影響を与える立場。個人の考えを仕事に持ち込むことはないということだが、政治家時代にどんな主張をされていたのかは気になると思う。請願については石原都知事にお付き合いで賛成したという話もあるが…。

野田氏 :誤解のないように申し上げますが、請願に関しては依頼を受けたからなんです。これは明確に言っておきます。私の考えがどうのこうのは言わないですけれども、経緯としてそれが事実です。

ーー大日本帝国憲法復活という請願に賛成してくれと言われて?誰に依頼を受けて?

野田氏 :賛成したのは私だけではないですね。石原サイドから依頼を受けたと。私が言っているのは当時の話ですよ。今はものを申さないということです。地域政党ですから。

ーー政治信念と違うことをお願いされて、「いいですよ」と賛成することはできるのか?

野田氏 :その時の心境は記憶にありませんけれども、今はその立場は取らないと。今は言いません。国政の話は一切しません。

ーー執拗に繰り返すようだが、従軍慰安婦関連の発言については?教科書の問題は国に関わることだが、東京都の子どもたちの未来を思った言葉ではないのか。

野田氏 :正しい歴史教育を東京都の子どもたちにとは思いました。(従軍慰安婦がなかったかどうかについては)それは今は言いません。一切言わない。国政の話は。以上です。何とも言いません。都政の話をしてくれればと思います。

■「これから裁判をやっていきますから。やりますよ名誉毀損で」

ーー"ある嫌疑"がかけられているという話もあるが?

野田氏 :ありませんね。

ーーアントニオ猪木議員の秘書時代に、公金横領をした疑惑がある大きく報じられている。


野田氏 :これは一方的なインタビューじゃないですか。

ーーその事実はないし、警察からも検察からも聞き取りをされてないということだが、これだけの政党のリーダーになる以上、濡れ衣というのであれば、しっかり説明したほうがいいのではないか。

野田氏 :それはメディアの皆さんの方がお詳しいんじゃないですか。今回の選挙で色々ネガティブキャンペーンがありましたよね。私はその一環だと思っています。だって文科省の前事務次官のペーパーですか、あれを"怪文書"と言っちゃうんですよ?後で撤回しまたけれどね。私は全部それだと思っています。

ーーつまりそれは与党サイドからのネガティブキャンペーンの一環だと思っているということか?

野田氏 :それは何とも言わない方がいいと思っている。私もこれから裁判をやっていきますから。やりますよ名誉毀損で。事実ではないですから。

ーー猪木氏サイドは刑事告訴をしたということだが?

野田氏 :だからそれは受理されていないんですよね?もししたとしても、私のところに何もないんだから。そのこと自体知らなかったんですけど。週刊誌が出た時になんだこれと思いました。一切そんな話なかったですから。何のことだか分からないですよ。だっておかしくないですか?5月に3年前の疑惑だが何だか分からないものがポーンと出てくるんですよ。私はそんなことすら知らなかったわけですから。私が解雇された理由だって"スポーツ外交に専念したいから自由にやらせてくれ"、そんな理由ですもん。弁護士間のやり取りの中でも、公金の使い込みなんて一切言われていないですよ。私は不当解雇で弁護士を入れていただけですもん。全くのデタラメです。言い切ります。

ーー全く身に覚えがない?

野田氏 :全くない。1ミリもない。

ーー都民ファーストの会から出馬して、今回当選した平慶翔さんが、自民党の下村博文氏の事務所から情報を流出させたのではないかという話もある。

野田氏 :似たような話だなと。もう少しひねればいいんじゃないかなと思いました(笑)。流出させたというのは、彼ら(下村氏側)がそう言っているだけですよね。それだけで選挙中なんだから大問題ですよね。こっちは候補者なんだから。どっちもどっちにしてほしくないんですよ。下村さん側は流出させたと言ってるんだから、書類が本物だと認めているに等しいわけです。これ以上は触れませんけれども。

ーー週刊ポスト6月2日号は、野田さんが六本木豪遊をする姿を報じている。ショーパブで水着や露出度の高いセクシーな衣装を着た女性たちにチップを奮発していたと。

野田氏 :あれはポケットマネーで普通に飲みに行っただけですから。豪遊でも何でもないですよ。メディアの方も含めて飲みに行っていますが、最近は控えています。ポケットマネーで行っているんだからいいじゃないですか。別に風俗店に行っているわけじゃないですよ。誤解のないように言いますけどね、風俗店のように取り上げられましたけど、ショーパブですから。あんなのまでダメなんて言ってるの、日本くらいですよ。

ーーそこでは使い込んだおカネと結び付けられたようなストーリーになっているが?

野田氏 :だからネガティブキャンペーンだって言うんですよ。自民党を辞めてうちに移籍してきた議員が2人いるんですが、この人たちが2月に離党届を下村さんに持っていった時に、『ネガティブキャンペーンかけてやる。地獄に落ちろ』と言われたんです。それは夕刊フジに載りましたよね。ああ、それなんだなと我々は思いましたけれども。

ーー下村さんに仕掛けられたネガティブキャンペーンとは?

野田氏 :知りませんし、私はあえて何とも言わないですが、事実か事実じゃないかは皆さんがお調べになったらよろしいんじゃないですかね。

私どもは誹謗中傷しましたかね?街頭演説で。個人攻撃しましたか?してませんよね、一切。きれいに戦いました。対する自民党は個人攻撃すごいですよ。小池知事が決められないとか、小池知事は何の実績もないとか。そういうウソをつくわけです、平気で。体質なんです、彼らの。失言ではないんですよ。体質が注目を集めることによって、メディアに乗っかるだけなんですよ。我々はそういったものも含めて、全て今後、確実に日の光が当たるようにしたいんです。

ーー若狭勝議員も「"中から変えて欲しい"と言われて行ってみたら、ちょっと無理だなと感じた」と証言していた。


野田 :こういうもの(自民党の体質)が首都東京のど真ん中で、注目を浴びないという理由だけで、これまで堂々と居座っていたわけです。小池都政の誕生まで、今回の選挙まで。私のライフワークは、これをしっかりと排除することだと思っています。( 前編はこちら )


▶『AbemaPrime』は月〜金、21時から放送中!