EUの旗を持つ、欧州連帯の政治運動「Pulse of Europe」の支持者。ドイツ・ベルリンで(2017年5月15日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス通信(AFP)を含む欧州の報道機関3社がこのほど、欧州に関するニュースやデータを無料で配信する新しいウェブサイトを共同で開設した。

 サイト名は「ヨーロピアン・データ・ニュース・ハブ(European Data News Hub、EDNH)」。AFPは声明で、「欧州全域での人々の注目事案を伝え、議論を促すことを目的」に、記事や図解、動画、写真を5言語で配信すると発表した。

 この共同プロジェクトにはAFPの他にドイツのDPA通信、イタリアのANSA通信が参加。欧州委員会(European Commission)が出資しているが、基本綱領で編集の独立性は保証されている。

 サイトの運営はドイツのダーテンフロインデ(Datenfreunde)社が担い、話題のニュースやトピックに関するデータも同社が提供する。他の報道機関もEDNHのツールを自社サイト上で使用することが可能だという。

 AFPは声明で、「将来的にはデータジャーナリズムの専門家やその他の欧州の報道機関にも、EDNHへの参加を呼び掛ける」と表明している。
【翻訳編集】AFPBB News