俳優の大浦龍宇一が自身のブログで、女子のデニムを履いたことを報告している。

大浦龍宇一オフィシャルブログよりスクリーンショット

 「やはり女子モノの方が、デザインも値段もすべてがカワイイ。で、ありました!!一目惚れしたのは女子のデニム!」「181cmの僕でも丈ピッタリ。ごくたまにあるんですよ。こういうキセキ的なデニム。」と報告した大浦。

 大浦の言うキセキ的なデニムは、ストレートタイプのもので、スタッズのついたベルト付き。ブログでは「『これはこうでなくてはいけない』という概念にとらわれないから 試着していいですか?これ入ると思う?って、店員さんに普通に言えます。今年で49歳になります。大浦龍宇一です。女子のデニムを買いました。」と、服についての考え方をつづっている。

 大浦は1994年にフジテレビのドラマ『この世の果て』のオーディションに合格して俳優デビュー。2000年の誕生日に一般女性と入籍したが、2007年に離婚。近年ではバラエティ番組や自らのブログ等にてシングルファーザーであることを公言し、長男とテレビ出演することもある。